【2分解説】CCFL管イカリングとCOBイカリング|どっちがいい?

ヘッドライト・イカリング・CCFL管・COB・特徴・違い・メリット・デメリット




CCFL管イカリングとCOBイカリング|どっちがいい?

イカリングの元祖であるBMWのかっこよさに魅せられて多くの人が後付けでイカリングのヘッドライトを取り付けています。ヘッドライト以外にも、フォグランプやスモールランプ(車幅灯)として付ける人もいます。

大人気です。

イカリングを後付けする場合、大別すると2つのタイプがあります。それがCCFL管イカリングとCOBイカリングです。それぞれに特徴があります。以下、両者の特徴を箇条書きにしたいと思います。

CCFL管イカリングの特徴

CCFL
  • 細い蛍光管で、非点灯時は元祖BMWのイカリングに似ている
  • インバーターが故障してライトが切れやすい弱点があるが、インバーターはユニットの外に設置するのでライトの殻割り(分解)をしなくても修理できる

⇒⇒イカリング(amazon)

COBイカリングの特徴

COB
  • LEDで面発光する。継ぎ目がなく真円に光る※CCFLは円のうち光らない部分ができる
  • そのままだと非常に明るく光る。元祖BMW風にほんのり光るようにするために減光する対策品も出ている
  • 非点灯時は色が黄色っぽいが、PCカバーをつけることで白っぽくなる
  • CCFL管のようにインバータの故障はないが、LEDが切れた場合はライトの殻割り(分解)が必要※そうめったに切れないが

⇒⇒イカリング(amazon)

【要事前確認】車検|ヘッドライトのイカリングは車検に通る?個数・色・配線・フォグ・対策

2020.01.06

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。