プロジェクターヘッドライトが暗い|原因はレンズの汚れか?

プロジェクターヘッドライトが暗い|原因はレンズの汚れか?

プロジェクターヘッドライトが暗い|原因はレンズの汚れか?

「新車の時は明るかったのに、最近、なんだか暗くなったなあ」

プロジェクターヘッドライト装着の車で、こういう悩みを持つ方は多いようです。

ヘッドライトが暗くなる原因は様々なものがあります。バルブを交換したら暗くなった、というケースはかなりあります。ハロゲンからLEDに交換したりすると、バルブの位置が変わって、かえって暗くなることもあります。

あるいは、ごく単純にバルブが古くなって性能が劣化する場合もあります。

しかし、そうした原因には思い当たることがないけれど、それでも暗くなったと感じる場合は、レンズをよく観察してみてください。どことなく曇っていませんか?白っぽく変色していませんか?透明度が薄れていませんか?

つまり、レンズの汚れが原因であること、これがけっこうあるんです。

たとえば、プロジェクターヘッドライトのバルブにHIDバルブを使用している場合など、HIDが発するガスがライトの内側に薄い膜を張り、当然、前面のレンズの内側にも幕を張ることがあります。

レンズの外側なら、簡単に磨くことができますが、内側となると、これはけっこうやっかいです。なぜなら、ヘッドライトの殻割り、つまり、分解をしなければならないからです。

殻割りして内部を清掃するとぴかっと明るくなりますよ

ヘッドライトの殻割りに付いては下記のページをご覧ください。

ヘッドライトの殻割りとはどんな作業のことですか?

2020.06.21

さて、殻割りして、汚れがたまった各部を清掃するのですが、特に大事なのがレンズ内側です。たぶん研磨剤は必要ないと思います。無水アルコールなどを含ませた布で丁寧に拭ってやれば、ほぼ新品に近い状態に回復するはずです。

清掃作業で注意すべきことがあって、それは、最近の車の中にはハンドル操作に応じてバルブが動く機構のものがあり、そうした精密な機構に狂いが生じないように、清掃には細心の注意が必要です。DIYの自信がない方はプロに依頼するのも一つの方法です。費用はけっこうかかりますけど。※殻割り・殻閉じだけで30,000円はします。これに清掃作業代金がプラスされます。

ヘッドライトの殻割りではコーキング剤とブチルゴムが最重要

2020.06.22

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。