ナンバーフレームの車検基準|平成28年4月1日から新基準に!

車検・ナンバーフレーム

写真:ナンバーフレームの例:これは車検不可の例です

ナンバープレートを装飾するパーツであるナンバーフレームですが、これを装着すること自体は問題ではありません。

しかし、平成28年4月1日から基準が厳しくなり、厳密な規定にクリアーしないと車検は通らないことになります。

ナンバーフレームとは?

ドレスアップ目的でナンバープレートを装飾するパーツ、これがナンバーフレームです。

これまでは特に明確な基準がなく、ナンバーを樹脂製の色つきプレートで覆ったりする車もしばしば目にすることがありました。

しかし、今後は明確な基準をクリアーしないとナンバーフレームを取り付けることはできません。

2016年(平成28年)4月1日から新基準に

2016年(平成28年)4月1日に道路交通法規則等の改定(自動車のナンバープレートの表示に係る新基準)がなされました。

ナンバープレートを樹脂製のカバーで覆ったり、キャラクターのシールを貼るなどの行為が明確に禁止事項となりました。

ナンバーフレームに関しても明確な基準が新設されています。

ナンバーフレームの新基準

次の基準を満たさないナンバーフレームは車検が通らないことになります。

ナンバーフレーム

画像:国土交通省

また、ナンバーフレームがナンバープレートの文字に被さる状態になり、ナンバープレートの文字や数字が判読できないものは不可です。

⇒⇒国土交通省「ナンバープレートを見やすく表示しましょう

当面は猶予期間:2021年から厳密に適用

ナンバーに関する新基準が適用されたのは2016年(平成28年)4月1日ですが、この実施には猶予期間が設けられていて、そのあいだは規定に違反していても即検挙ということにはなりません。

しかし、2021年から全面実施となるので、それ以降は厳格な取締りが始まります。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。