デイライトとフォグランプの違い|車検基準と使い方の違い

デイライト・フォグランプ・違い
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

デイライトとフォグランプの違い|車検基準と使い方の違い

車には様々な灯火類がありますが、そのなかでデイライトとフォグランプの違いは何でしょう?道路を走行している車の中にはこの2種類のライトを同じように使用しているケースも見受けられます。

まず、デイライトは「日中に歩行者や対向車に自車の存在を知らせること」が役目です。

一方で、フォグランプは「霧や雨や雪といった悪天候時に前方視界を改善すること、同時に歩行者や対向車に自車の存在を知らせること」が役目です。

デイライトとフォグランプにはこうした役割の違いがあるので、点灯方法にもルールがあります。

デイライトとフォグランプの点灯方法

<デイライトの点灯方法>

  • 夜間はデイライトを消灯あるいは減光しなければならない
  • ヘッドライト・スモールライト・フォグランプが点灯する際はそれに連動してデイライトは消灯あるいは減光しなければならない
<フォグランプの点灯方法>

  • ヘッドライト点灯時にのみ灯火可能、ヘッドライト消灯時は灯火不可

たとえば、フォグランプを点灯しているときは必ずヘッドライトを点灯しなければならず、ヘッドライトを点灯する時はデイライトは消灯あるいは減光する必要があります。

デイライトの車検基準

2016年10月7日に国土交通省は「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示 第124条の2(昼間走行灯)」を公表しました。

これにより、それまでは「その他灯火類」として扱われていたデイライトが、正式に「デイライト(昼間走行灯)」という項目を立てて保安基準が厳密に規定されることになりました。

したがって、これ以後に車検を受ける場合は、以下の新保安基準をパスする必要があります。

車検時におけるデイライトの新保安基準
明るさ
  • 400カンデラ以上~1440カンデラ以下
  • 白色のみ。JIS規格の3000ケルビン~7000ケルビンを目安とする
取り付け位置(高さ)
  • ランプの下フチが地上250mm以上・上フチが地上1500mm以下
取り付け位置(幅)
  • (車幅1300mm以上の車)左右のライト間を600mm以上開ける※照明部の最内縁
  • (車幅1300mm未満の車)400mm以上開ける
形状
  • 特に決まりなし
面積
  • 2個の合計面積が25c㎡~200c㎡
他のライトとの連携
  • 夜間はデイライトを消灯あるいは減光しなければならない
  • ヘッドライト・スモールライト・フォグランプが点灯する際はそれに連動してデイライトは消灯あるいは減光しなければならない
その他
  • 他の交通を妨げないものであること
  • レンズ部の汚れ・取り付け位置のガタツキがないこと
  • ライトが点滅するものは不可
  • デイライトは2個であること

フォグランプの車検基準

道路運送車両法では、フロントのフォグランプを「前部霧灯ぜんぶむとう」、リアのフォグランプを「後部霧灯こうぶむとう」として明確な保安基準を定めています。

以下のとおりです。

フォグランプの保安基準
前部霧灯 後部霧灯
白または淡黄色

※左右同色であること

赤色
個数 2個以下 2個以下
位置・高さ 地上から25cm~80cmのあいだ

※車幅の外側縁からフォグランプの外側縁が40cm以内であること

地上から25cm~100cmのあいだ

※ブレーキランプから10cm以上離れていること

光軸 下向き
玉切れ・レンズの割れ 不合格 不合格
ヘッドライトとの連携 ヘッドライト点灯時にのみ灯火可能、ヘッドライト消灯時は灯火不可

(※)LED球であっても「車検対応」の品であれば問題なく車検をパスします。

⇒⇒デイライト 車検基準|色・形・明るさ・スモール連動・位置

⇒⇒車検|フォグランプの色・位置・高さ・LED・個数・光軸・玉切れ

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。