【要点解説】ドラレコの電源|ヒューズから取る場合、どこから取る?

ドラレコ・ヒューズ・どこから




ドラレコの電源|ヒューズから取る場合、どこから取る?

ドライブレコーダーを取り付ける場合、駐車監視機能を付けずに、走行中の映像や事故時の映像を録画する機種の場合は、シガーソケット(アクセサリーソケット)から電源を取ります。いわゆるACC電源ですね。

ACC電源はエンジンONの時だけ電流が流れ、エンジンOFFでは電流が切れます。※車によっては常時電流が流れているものもありますが

けれども、ドライブレコーダーに駐車監視機能を付ける場合は、エンジン停止中にも電気が必要になります。この場合は、車のバッテリーと直結する必要があります。直結することで、エンジン停止中にも電力の供給が受けられますから、駐車中の不審者の映像を録画することができます。

ヒューズボックスの常時電源端子を探す

車のバッテリーと直結するといっても、実際にエンジンルームのバッテリー端子に接続するということではありません。接続するのはヒューズボックスの端子です。

ヒューズボックスは、ほとんどの車の場合、運転席の膝の上あたりにあります。ふたを開けると、長方形のヒューズが並んでいるはずです。この中にはACC電源と常時電源とアースの3種類の端子があります。

常時電源の端子を探し、これと接続するのですが、ドライブレコーダーの各メーカーでは駐車監視機能専用の常時電源ケーブルを用意しています。値段は5,000円前後が一般的です。

このケーブルと常時電源の端子をつなぎ、そして車のボディーのいずれかにアース線を接続します。

これで完了です。

駐車監視機能の電源は3種類ある

ここまでは車のバッテリーから常時電源を得る方法のお話をしました。しかし、駐車監視機能で必要な常時電源は他にもあります。

外部バッテリー(外付けバッテリー)を使う方法と、ドラレコ本体内に搭載する内部バッテリーを使う方法です。

まず、外部バッテリーですが、これはリチウムイオンバッテリーなどで、24時間連続使用可能なものや、60時間とか70時間連続使用できるものもあります。お値段次第ということです。数千円~数万円と幅があります。ドライブレコーダー本体より高くなることもあります。

外部バッテリーを使うと、車のバッテリーに負担を掛けないので、ある日いきなりバッテリー上がりで車が始動しなくなる、というトラブルを避けられます。

次に、ドラレコ本体に搭載する内蔵バッテリーです。

これは容量が小さいです。ドラレコ本体に収まる大きさですから、こればっかりは仕方ありません。駐車監視機能に使う場合は、非常に限定的な使い方になると思います。

そもそもドラレコ本体には、事故時に電源が得られなくても、とりあえず事故の映像だけは録画し終えるために、本体内にバックアップ電源を装備しています。内蔵バッテリーはこれとはまた別に用意する電源ですが、長時間の駐車監視は無理です。

created by Rinker
YUPITERU
¥25,300 (2022/07/03 22:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視はイタズラの抑止効果あり?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視の範囲はカメラの範囲内?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視には外部バッテリーが最適?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。