ドライブレコーダーからのデータ取り出しで注意すべき点

ドライブレコーダー・データ取り出し
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

ドライブレコーダーからのデータ取り出しで注意すべき点

ドライブレコーダーの記録媒体は、ほとんどの機種でmicroSDカードが使われています。

したがって、データを取り出すとしたら、このmicroSDカードを引き抜くということになります。

その際の注意点は以下の通りです。

  1. ドライブレコーダーの電源をオフにしてからカードを取り出す
  2. ドライブレコーダー本体に電源スイッチがない機種の場合は、シガーソケットなどに挿したプラグを引き抜き、本体の電源ランプが完全に消えてからカードを引き抜く:本体にはバックアップ電源があるので、しばらくライトがついたままのことがある

上記2つの注意点で重要なのは、要するに、電源が入った状態でカードを引き抜くと、カードの記録内容が破損したり、ドライブレコーダー本体が破損したりする可能性がある、という点です。

これはカードを挿入する場合も同じです。カードの出し入れをする場合は、必ず電源が完全に切れてから行ってください。

データ取り出し後に映像を確認・バックアップ保存する方法

パソコンで映像確認・バックアップ保存する方法

ドライブレコーダーを購入すると、付属品の中にCDが入っています。これは専用ビューワソフトです。

  1. まず、このソフトをパソコンにインストールします:機種によってはCDがない場合もありますが、その場合はメーカーのホームページから最新バージョンの専用ビューワソフトをダウンロードできます。
  2. 次に、ドライブレコーダー本体からmicroSDカードを抜きます
  3. パソコンで専用ビューワソフトを立ち上げ、ドライブレコーダーから抜き取ったカードをパソコンのカードスロットに差し込み、これを読み込みます:カードスロットがない場合は、外付けのカードリーダーを購入して、カードを読み込みます。
  4. 専用ビューワソフトを操作することで、カードに記録された映像を再生したり、その映像をバックアップ保存することができます
  5. その他、専用ビューワソフトでは様々なことができます:できることとして、Googleマップと連動してGPSアンテナから得られた位置情報をマップ上に展開できる。つまり、どの経路を走ったかが表示される。また、加速度センサーのデータからどの地点で急ブレーキを踏んだか、どの道路を何キロで走行したか、などもわかる

スマホ・タブレットなどで映像確認・バックアップ保存する方法

最近はWi-Fi機能がついたドライブレコーダーが人気です。スマホとWi-Fi接続すれば、ドライブレコーダーの映像をワイヤレスでスマホ表示できます。

スマホでは、ドライブレコーダーが映し出すリアルタイムの映像、録画した映像、このいずれも表示できます。

そして、表示できるだけでなく、これをバックアップ保存することもできます。

こうした機能を使用するには、まず次の作業が必要です。

  1. ドライブレコーダーのメーカーが提供する専用アプリをスマホにダウンロードする
  2. ダウンロードしたらそのアプリを立ち上げて、ドライブレコーダーとWi-Fi接続する
  3. 接続出来たら、アプリの操作画面から、ほぼすべての操作ができる
  4. 具体的には、録画映像の再生、その映像のバックアップ保存、カードの初期化、ドライブレコーダーの各種設定など

Wi-Fi機能がついたドライブレコーダーのデータ取り出しは、上記のように、microSDカードの抜き取りは不要です。ワイヤレスの通信によってデータの取り出しができます。

事故時の映像データの扱い方

ドライブレコーダーを取り付けた車で、走行中に事故にあった場合、ベストな対処法を解説します。

Wi-Fi機能のない普通のドライブレコーダーの場合は、まずmicroSDカードを本体から抜き取ってください。抜き取っておけば、その後の走行で上書き消去される心配がありません。

次に、万が一に備えて、抜き取ったカードのデータ内容をバックアップ保存します。バックアップ保存の仕方は、上記で解説した通りです。

ただし、Wi-Fi機能の付いたドライブレコーダーの場合は、ちょっと手順が異なります。

まず、ドライブレコーダーとスマホをWi-Fi接続し、事故時の映像をスマホに取り込んでください。取り込んだら、最初にバックアップ保存します。

これを行ったら、今度はドライブレコーダー本体からmicroSDカードを取り出しておきます。

これでカードに上書きされる心配もありませんし、また、バックアップデータもスマホに保存されている状態になるので、一安心です。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダー Wi-Fi機種のメリット・デメリット

⇒⇒microSD(マイクロSDカード)の寿命・耐用年数は?ドラレコの記録媒体

⇒⇒ドライブレコーダー|常時録画でSDカードに上書き|復元できる?

⇒⇒ドライブレコーダーのSDカードが故障した時の症状と対策

⇒⇒ドライブレコーダーの映像をパソコンに取り込む方法

⇒⇒ドライブレコーダー|パソコン持ってない場合の再生方法

⇒⇒ドライブレコーダーのWi-Fi機能は通信料がかかる?

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。