ドライブレコーダーの「動体検知」とは?モーションセンサー?

ドライブレコーダー・動体検知とは




ドライブレコーダーの「動体検知」とは?モーションセンサー?

ドライブレコーダーには駐車監視機能が付いた機種があります。そして、駐車監視には下記の2つのタイプがあります。

  1. 動体検知タイプ:モーションセンサーが動くモノを検知すると録画を開始する
  2. 衝撃検知タイプ:Gセンサーが衝撃を検知すると録画が開始される

①の場合も②の場合も、ドライブレコーダーが動きや衝撃を検知すると、検知したその瞬間を含め、その数秒前からその数秒後までを録画します。

動体検知タイプの場合、たとえば不審者が車の周りで怪しげな行動をとっていると、カメラがこの動きを検知して録画を開始します(モーションセンサー)。その際、不審者が車と接触していなくても(衝撃がなくても)録画を始めます。

動体検知タイプは、自宅の駐車場においては、家の監視カメラを兼用します。ただし、カメラが付いている方向のモノしか検知できません。360度カメラなら全方向に反応しますが、前だけのカメラ、前後のカメラの場合、カメラの死角に入ると、そこで誰かが何かをしていても何も録画されないことになります。

駐車監視機能はいずれか、あるいは、両方

駐車監視機能を備えたドライブレコーダーは、動体検知と衝撃検知の両方を備えた機種もあれば、いずれかの機能しか備えていない機種もあります。

これからドライブレコーダーを購入する場合で、駐車監視機能をぜひ付けたいという場合は、動体検知と衝撃検知の両方を備えた機種をお求めください。どうせ付けるなら、そのほうが安心です。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダー 駐車監視 感度|衝撃検知はどのくらい?

⇒⇒ドライブレコーダーで「衝撃を検知しました」のアナウンスが

⇒⇒ドライブレコーダーの「自動上書き」って何ですか?

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。