【要点解説】ドライブレコーダーの映像をスマホ・タブレットに保存する方法

ドライブレコーダー・映像・スマホ・タブレット・保存




ドライブレコーダーの映像をスマホ・タブレットに保存する方法

ドライブレコーダーの映像をスマホやタブレットに保存するには、2つの方法があります。

Wi-Fi機能がないドライブレコーダーの場合

まず、Wi-Fi機能を持たないドライブレコーダーの場合ですが、この場合は、ドライブレコーダーからmicroSDカードを抜き取り、これをスマホやタブレットのカードスロットに挿し込むか、挿し込み口がない場合は外付けのカードリーダーに挿し込んで、データを読み込みます。

あとはスマホやタブレットにダウンロードしておいた動画閲覧アプリで再生あるいは保存可能です。また、最近は特に動画閲覧アプリをダウンロードしなくても、そのまま保存・再生できるケースが多いです。

(※)アンドロイドスマホは比較的簡単に閲覧・保存ができるようですが、アイフォンはちょっと手間がかかるようです。

【2022年9月追記】ドライブレコーダーから取り出したマイクロSDカードを、スマホやタブレットのカードスロットに直接挿入するやり方には問題があるようです。

このやり方だと、データを読み込む際にスマホやタブレットの読み込みに使用するシステムファイルがマイクロSDカードに書き込まれてしまい、その書き込まれたシステムファイルが、その後ドライブレコーダーの作動に悪影響を与える可能性があるようです。

したがって、次のようにすると問題なくデータの移動が可能です。

  1. ドライブレコーダーからマイクロSDカードを抜き取る
  2. 抜き取ったマイクロSDカードをSDカードリーダーに挿入する
  3. SDカードリーダーをOTGケーブルに接続する
  4. OTGケーブルをスマホ・タブレットに挿入する
  5. スマホ・タブレット本体でデータの保存・再生等の操作をする

つまり、マイクロSDカード⇒⇒SDカードリーダー⇒⇒OTGケーブル⇒⇒スマホ・タブレットという流れになります。

Wi-Fi機能があるドライブレコーダーの場合

次に、Wi-Fi機能を持ったドライブレコーダーの場合です。この場合は保存を含めたすべての操作が無線で行えます。

  • ドライブレコーダーの各種操作
  • 録画された映像の閲覧・ダウンロード・保存

こうした操作をワイヤレスで行えます。

もちろん、その前にドライブレコーダーが指定する専用アプリをスマホやタブレットにダウンロードしておく必要があります。たとえば、JVCケンウッドのドライブレコーダーならJVC Dashcamという専用アプリです。※この場合も、特に専用アプリがなくても保存・再生が可能なケースが増えています。

下記の記事も参考になさっていただけると幸いです。

⇒⇒ドライブレコーダーの映像をパソコンに保存する方法

⇒⇒ドライブレコーダーのSDカードを抜く場合の注意点は?

⇒⇒ドライブレコーダー|カード初期化の方法(フォーマットの仕方)

⇒⇒ドライブレコーダーのSDカードが故障した時の症状と対策

⇒⇒ドライブレコーダー|浮気|証拠隠滅|車の不倫・密会を消去する方法

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。