ドライブレコーダーの録画ファイル構成はどうなっている?

ドライブレコーダー・録画ファイル・構成
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

ドライブレコーダーの録画ファイル構成はどうなっている?

現在販売されているドライブレコーダーのほとんどの機種に共通しているのですが、録画ファイルは細切れになっています。

具体的には、「1分」「3分」「5分」というように小刻みにファイルを区切って記録しています。最近はもう少し長めの「10分」「15分」「20分」といったファイルのものも出てきています。

このように、一続きの録画にしないで、短く区切って記録する理由は、後で編集する際に映像の取捨選択が簡単にできるようにするため、と思われます。

短くファイルを区切っておけば、パソコン上で記録データを一覧した際、保存しておきたいファイルと消去してかまわないファイルを、短く区切ったファイル単位に簡単に編集できます。

もしも1時間程度の一続きのファイルであったら、再生したい部分を見つけるのにも苦労するでしょうし、保存したい部分を切り取る手間も出てきます。

なお、たとえば3分ごとに細かくファイルが区切られていても、再生は一続きで見ることができますし、また、複数のファイルをつなぎ合わせた場合でも、途切れのない一連の映像としてみることができます。ですから、細かく区切ってあるからと言って、映像が途切れ途切れになるわけではありません。

記録カード(マイクロSDカードなど)は定期的に初期化または交換

ここに独立行政法人 国民生活センターのドライブレコーダーの苦情に関する報告書があります。

⇒⇒ドライブレコーダーの映像を定期的に確認しましょう―SD カードの異常により映像が記録されていないことも― (平成30年8月2日 )

お時間がある方はご覧になっていただきたいと思いますが、ここでは簡潔に要旨をご案内します。

この報告書に書かれていることは、要するに、ドライブレコーダーのトラブルの多くは、本体のトラブルというよりも、記録媒体であるSDカード(多くはマイクロSDカード)の不具合によるものだ、ということです。

前の項目でご紹介した通り、ドライブレコーダーの録画ファイルは小刻みに仕切られていて、しかも、エンジンをかけている間は常時録画されるタイプがほとんどですし、カード容量がいっぱになれば、古い記録を新しい記録が上書き消去する方式になっています(ループ録画方式)。

したがって、ドライブレコーダーを取り付けてから数か月すると、車の使用状況にもよりますが、ドライブレコーダーは何度も何度も記録と消去を繰り返すことになり、カードの消耗度は非常に激しくなります。

その消耗度は、デジカメに使用するSDカードの比ではないと思います。もっとずっと頻繁に書き込みと消去を繰り返しているはずです。

その結果、正常に記録されているものと思い込んでいたドライバーが、ある時、確認の意味でカードを再生してみたところ、全く記録されていない、一部しか記録されていない、といった不具合に気付くのです。

国民生活センターでは、こうしたことの防止策として、記録カードを定期的にフォーマット(初期化)すること、あるいは、定期的に新品のカードと交換すること、この2点を推奨しています。

実際、ドライブレコーダーの説明書にも、これと同じ注意書きがあるはずです。

SDカードは部分的に不具合を起こすことがある

記録カードとして使われるマイクロSDカードなどで、一番厄介なのは、部分的に不具合を起こすケースです。

完全に記録不能になって「エラー」表示が出れば、それはそれですぐに対処できるのですが、そんなサインもなく、ドライバーとしてはちゃんと記録されていると思っていたところに、いざ再生してみたら、一部しか記録されていなかった、こういう事態が一番困ると思います。

実際、SDカードなどの記録媒体は、書き込みと消去を繰り返すことで、カード内に不良セクタが発生します。不良セクタとは、読み書きできない領域のことです。すると、6GBのカードであっても、実際に記録できる領域は2GBしか残っていないという事態も有り得ます。

こうした不具合を防止するためにも、定期的なカードのフォーマット、あるいは、思い切って新品に交換することが必要になるわけです。

いまカードの値段もだいぶお手頃価格に落ち着いてきているので、車に頻繁に乗る方は、記録カードのメンテナンスまたは交換をぜひ頭に入れておいていただきたいと思います。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒ドライブレコーダーの「ループ録画の意味」を教えて!

⇒⇒ドライブレコーダーのループ録画|設定時間は5分?3分?

⇒⇒ドライブレコーダーのループ録画をオフにする方法とオフにする意味

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。