ドライブレコーダーのSDカードが故障した時の症状と対策

ドライブレコーダー・SDカード・故障・症状・対策

ドライブレコーダーのSDカードが故障した時の症状と対策

多くのドライブレコーダーにはSDカード(microSDカード)が使われていますが、このカードが故障するケースが非常に多いです。それは、デジカメなどと違ってドライブレコーダーはSDカードを酷使するからです。

ドライブレコーダーの録画方式はループ録画と呼ばれるやり方で、カードが満杯になったら、また最初から新しい映像を古い映像の上に上書きしていきます。もし2時間録画できるSDカードであれば、6時間エンジンをかけていれば3回も記録と消去を繰り返すことになります。

デジカメでこんな使い方をすることはないでしょう。それほどドライブレコーダーは記録媒体を酷使する機械なのです。

SDカードが故障すると次のような症状が発生します。

  1. 液晶画面に「エラー」の表示が出る※会社により表示内容は異なる
  2. 液晶が暗くなり、そのうちに電源が切れてしまう※これはドライブレコーダー本体のトラブルのように見えますが、実はSDカードに問題がある場合に発生しやすい症状です
  3. 記録内容を家のパソコンで再生しようと思ったら、何も映っていなかった※画面にエラーが表示される機種は実はありがたい機種であり、このようにいざ内容を確認しようとした段階で、初めてカードが故障していることに気づくケースがけっこうあります

原因

カードが故障する原因は以下のようなものが考えられます。

  1. 定期的にSDカードのフォーマット(初期化)を行っていなかった
  2. メーカーが推奨する規格とは異なるSDカードを使用していた
  3. 1年以上同じカードを使い続けていた

①はドライブレコーダーの説明書にも書いてあるはずで、だいたい2週間に1度行うことが推奨されています。フォーマット(初期化)とはカード内を更地のようにきれいにする作業です。ドライブレコーダーの本体でもできますし、パソコンでもできます。

②のメーカー推奨の規格とは、たとえば、SDHCで32GB以下でclass10のもの、といった規格のことです。デジカメなどは推奨とは異なるカードを使っても案外問題なく作動しますが、ドライブレコーダーはカードを酷使するので、やはり推奨されたカードを使うべきです

③に関してですが、どんなに①と②を実行していたとしても、ドライブレコーダーは激しくカードを消耗させる機械なので、車の使い方にもよりますが、一般的には1年程度で新品のカードと交換すべきです。その時点で問題なく作動していたとしても、それでも予防的に交換すべきです。

対策

上記のようにカードに不具合があることが判明したら、そのカードを何とかしてまた使おうとは思わずに、思い切って新品のSDカードに交換すべきです。幸いに、現在はSDカードの価格もリーズナブルなレベルに落ちてきているので、問題のあるカードを使い続けるべきではありません。

では、新しいSDカードに交換した場合で、今後また同じようなトラブルを招かないための対策としては、どのような方法があるでしょう?

  1. 定期的にカードのフォーマット(初期化)を行う
  2. 時々ちゃんと映像や音声が記録されているか確認する
  3. 1年ごとに新品のSDカードに交換する※たとえその時点で故障していなくても

上記の3点を守っていれば、そう大きなカードトラブルにはならないと思います。

なお、最近はカードのフォーマット不要を強調した機種も出てきています。これに関しては下記のページを参考になさってください。

⇒⇒ドライブレコーダー|SDカードのフォーマット不要とは?

SDカードの故障に関しては下記のページも参考になさってください。

⇒⇒ドライブレコーダーでSDカードの「エラー」表示が出る場合

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。