【2021最新】ドライブレコーダーの駐車監視|電源接続はケーブルで配線?

ドライブレコーダー・駐車監視・電源・接続・ケーブル・配線

ドライブレコーダーの駐車監視|電源接続はケーブルで配線?

通常、ドライブレコーダーの電源はシガーソケットなどから取るのが普通です。しかし、駐車監視機能を追加する場合、エンジンが停止している間に作動させることになるので、シガーソケットからでは不都合が生じます。

そこで、ドライブレコーダーに駐車監視機能を追加する場合、電源は主に次の3つの方法を採用しています。

  1. 車のバッテリーと直結する
  2. 外部バッテリーと接続する
  3. ドライブレコーダー本体内に内蔵バッテリーを搭載する

①のバッテリーと直結する場合ですが、これはドライブレコーダーのメーカーが接続用のケーブルを指定しているのが普通です。

たとえば、コムテックのZDR024CEという機種では、別売りオプションのHDROP-09「駐車監視・直接配線コード」を使用するように指定しています。

②の外部バッテリーは、容量の大きなリチウムイオンバッテリーなどで長時間の録画にも対応できるようになります。ただし、①よりは録画時間は短くなります。

③の内蔵バッテリーも、最近はリチウムイオンバッテリーなどが使われますが、スペースが狭いのでそれほど長時間の録画はできません。使い方は限定的なものになります。

いずれにしても駐車監視を追加するとお金がかかる

上記①②③のいずれの方法で電源を確保するにしても、部品代と工賃が追加で発生しますから、どうしてもお金がかかります。

ドライブレコーダーに駐車監視機能を付ける場合は、この点を事前に確認しておいたほうがいいと思います。

バッテリー上がりと対策

上記①の車のバッテリーと直結する方法ですが、この方式で注意すべきは、バッテリー上がりです。

そもそも経年劣化で弱っているバッテリーを使い続けていると、駐車監視機能を使うことですぐにバッテリー上がりを起こすことがあります。

また、普段あまり車に乗らない場合も、バッテリーへの充電が不十分なために、やはりバッテリー上がりを起こしやすくなります。

最近のドライブレコーダーには、こうしたバッテリートラブルを未然に防ぐために、常時バッテリーの電圧を見張っていて、たとえば12Vを下回ったらそこで駐車監視機能を停止する、というようなバッテリー対策が取られた機種もあります。

確かに、こうした機能が入っていればバッテリー上がりを未然に防げるかもしれませんが、そのかわりに、本来の目的である駐車監視機能は後回しになってしまいます。

ですから、駐車監視機能を使用する場合は、車のバッテリーは通常よりより早めに新品に取り換えるなどの方策が必要です。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダー 駐車監視|内蔵バッテリー方式のデメリット・メリット

⇒⇒ドライブレコーダー|前後カメラで駐車監視は有効ですか?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視は本当に必要かor不要か?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視は暗い夜間でも役に立つ?

⇒⇒ドライブレコーダー|駐車監視でも常時録画ってできる?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視|衝撃検知と動体検知の違い

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視ではドアパンチを検知する?

ご覧いただきありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!