ドライブレコーダー 駐車監視|内蔵バッテリー方式のデメリット・メリット

ドライブレコーダー・駐車監視・内蔵バッテリー
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

ドライブレコーダー 駐車監視|内蔵バッテリー方式のデメリット・メリット

ドライブレコーダーは普通に使う限り車のバッテリーに大きな負荷をかけることはありません。

ただし、駐車監視機能を付けた場合で、常時録画の設定にすると、かなりバッテリーに負担をかけることになり、場合によってはバッテリー上がりを招くことも有り得ます。

というのも、車が走っているときは常時バッテリーは充電されていますが、駐車場ではエンジンが停止していますから、バッテリーはただひたすら電力が消費されていくだけです。

そこで、ドライブレコーダーに駐車監視機能を付ける場合は、どこから電力の供給を受けるのかが重要な問題になってきます。

電力供給元は主に3つ

ドライブレコーダーに駐車監視機能を付ける場合、電気の供給元は次の3つです。

  1. 車のバッテリーに直結してそこから電力の供給を受ける
  2. 外部バッテリー(外付けバッテリー)に接続しそこから電力の供給を受ける
  3. ドラレコ本体に内蔵バッテリーを載せそこから電力の供給を受ける

駐車監視機能のなかで、「常時録画」つまり駐車中は連続的に映像を録画する方式に設定する場合は、①だと車のバッテリーに大きな負荷をかけ、バッテリー上がりになるケースも出てきます。

②と③は車のバッテリーには影響を与えません。

②の外部バッテリーはリチウムイオン電池などを使うことが多くて、比較的容量も大きく、ある程度長時間の録画にも対応しますが、リチウム電池のお値段がバカになりません。バカにならないというより、ドライブレコーダー本体より高いことも珍しくありません。

③のドライブレコーダー本体内に付ける内蔵バッテリーは、扱いが楽です。電池が減ったら、走行中に自動的に充電されますから、手間いらずです。ただし、この電池は容量が小さくて、長時間の「常時録画」には耐えられません。すぐに電池切れになるでしょう。※内蔵バッテリーにもリチウムイオンを使う機種が増えていますが、それでも外付けバッテリーほどの持ちはないのが普通です

内蔵バッテリーは使い方次第

もしも駐車監視を「常時録画」でやろうと思ったら、値段の高い外付けバッテリーを付けるか、あるいは、車のバッテリーに直結するやり方がいいと思います。

ただし、車のバッテリーに直結する方法は、日頃から車の利用率が高い人向けです。ほんのたまにしか車に乗らない人の場合、そもそもバッテリーは弱っている上に、さらにドライブレコーダーの負荷がかかりますから、バッテリー上がりが頻発するでしょう。

そして、内蔵バッテリー方式が「常時録画」には最も不向きな方式になります。実際、「常時録画」を始めれば、たぶん一晩で電池切れアウトになると思います。

とは言え、ドライブレコーダーの駐車監視機能は「常時録画」が唯一の方法ではありません。駐車監視の設定には、衝撃検知あるいは動体検知という録画方法があります。

衝撃検知では、車が当て逃げされたりイタズラで揺さぶられたりした場合に、センサーが反応して、すぐに録画を開始します。

その際に録画されるのは、衝撃を検知した瞬間を含め、その前と後の十数秒間です。

動体検知では、モーションセンサーが動くものを検知した場合に録画を開始します。

その際に録画されるのは、動体を検知した瞬間を含め、その前と後の十数秒間です。

駐車監視機能が付いたドライブレコーダーでは、この衝撃検知と動体検知を両方備えた機種もあれば、そのいずれかだけ備えた機種もあります。

いずれにしても、こうした「何か異常を検知した時だけ録画する」方式に設定しておけば、内蔵バッテリーでも十分に対応可能だと思います。なぜなら、実際に録画するのはわずかな時間であり、その他はほとんどが待機時間になるので、電力消費は最小で済むからです。

あなたのドライブレコーダーの駐車監視機能がどのような録画方式に対応しているのか、取扱説明書などでご確認ください。あるいは、ドライブレコーダを設置するカー用品店やディーラーのスタッフにご相談ください。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダー|駐車監視機能はバッテリー上がりを招く?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視|衝撃検知と動体検知の違い

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視ではドアパンチを検知する?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視|動体検知と360度カメラで万全?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。