ドライブレコーダーの駐車監視で「タイムラプス」とは何?

ドライブレコーダー・駐車監視・タイムラプス




ドライブレコーダーの駐車監視で「タイムラプス」とは何?

タイムラプスとはtime lapseのことで、時の経過、という意味になります。

映像の世界でタイムラプスと言うと、コマ送りのような映像で時の経過を表現することです。

ドライブレコーダーの駐車監視機能にタイムラプスが使用できる機種では、一般的に、1秒間に2フレーム程度の映像を記録します。

滑らかな映像にするには20fpsとか30fpsといった1秒間に20フレームとか30フレーム撮影する方式が望ましいのですが、これだと電力の消費量が多くなります。

1秒で2フレームなら30fpsの15分の1の電力消費で済みます。

タイムラプスの映像で人やナンバーはわかるのか?

では、タイムラプスによる録画をしたとして、その中に当て逃げした車のナンバープレートや犯人の顔が映っていた場合、通常の録画のようにちゃんと判別できるのでしょうか?

それは大丈夫です。はっきり映っているコマを一時停止すればいいだけです。判別しずらい場合は拡大表示もできます。

電源の負担を減らすことが目的

もしも電気を使い放題使えるのであれば、なにもタイムラプスを利用する必要はありません。しかし、ドライブレコーダーの駐車監視機能の最大の弱点、問題点は、電源です。

車のバッテリーに直結する場合も、外部バッテリーを購入してこれにつなげる場合も、ドラレコ本体に内蔵バッテリーを搭載する場合も、常時録画で最高画質の録画を何時間も続ければ、すぐにバッテリーが悲鳴を上げます。

タイムラプスは、バッテリーへの負担を軽減しつつ、肝心な映像確認も最低限可能な方法として導入されている方法です。

全てのドライブレコーダーに備わった録画方式ではありませんが、最近の機種にはたいてい付いています。まずは一度使ってみて、映像を確認してみてください。

これなら大丈夫、ということになったら、何も最高画質で録画する必要はないはずです。

【Twitter】ドライブレコーダーのタイムラプスに関するtwitter上の声

バッテリー消費が少ないのがタイムラプスの特徴です。というか、そのための装置といってもいいです。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視を長時間使う際の注意点は?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視|光るランプでモードがわかる

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視|電源接続はケーブルで配線?

⇒⇒ドライブレコーダー 駐車監視|内蔵バッテリー方式のデメリット・メリット

⇒⇒ドライブレコーダー|前後カメラで駐車監視は有効ですか?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視は本当に必要かor不要か?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。