【2021最新】ドライブレコーダー|前後カメラで駐車監視は有効ですか?

ドライブレコーダー・前後カメラ・駐車監視

ドライブレコーダー|前後カメラで駐車監視は有効ですか?

前に1つだけのカメラに比べて、前後にカメラがあるのですから、駐車監視機能はより有効に働きます。

確かに、横方向にやや死角は出てしまいますが、最近のカメラはより広角に映せるようになっているので、前後にカメラがあれば死角を減らすことができます。

したがって、前後にカメラの付いたドライブレコーダーの駐車監視は、かなり有効性が高いと思います。

とはいえ、360度カメラの方がより有効です

ただし、今は360度カメラがあります。車の横方向の監視に付いていえば、やはり前後2つのカメラで監視するよりもより有効性が高いと思います。

また、動体検知に関しては、センサーの範囲はカメラの画角とほぼ同じ範囲となるので、前後2つのカメラの機種では横方向のチェックがやや手薄になりがちです。

その点、360度カメラ搭載機種の場合、動体検知も360度なので、そこでセンサーが何かを検知するとカメラは360度を録画することになるので、より有効性が高まります。

前後カメラにもメリットがある

360度カメラは、駐車監視にも通常走行時の録画にも有効性が高いのですが、しかし、実際に使用している人の声を聞くと、後方視界にやや難があります。

360度カメラは、通常、ルームミラーの近辺に設置します。後方の録画は、リアガラス越しの映像を記録するのですが、前や横の映像に比べて、室内を隔てた映像になるので、画像の精細度がやや劣ります。

その点、前後カメラの場合、後方には専用のカメラが付いているので、画像がより鮮明です。ナンバープレートも読み取りやすくなります。

この特性は、駐車監視の映像にも言えることです。車の後方に不審者がいた場合、不審者の顔やしぐさや動きなど、360度カメラよりより精細に映し出します。

だったら、結局、どっちがいいの?

最近は、360度カメラの上記のような弱点を補うために、まず360度カメラを設置したうえで、後方にもう1台のカメラ、横方向にも左右に2台のカメラを取り付けるタイプも出てきています。

いい加減にしてくれ、と言いたくなる流れですが、いろいろ試行錯誤してよりいい製品がより安価に普及していくための実験段階かもしれません。

現時点では、どちらかと言うと360度カメラのほうがより駐車監視の有効性は高いと思いますが、前後カメラであっても、より広角レンズを配置することで、かなり有効な駐車監視ができると思います。

あとはご予算との兼ね合いではないかと思います。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視は本当に必要かor不要か?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視は暗い夜間でも役に立つ?

⇒⇒ドライブレコーダー|駐車監視でも常時録画ってできる?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視|衝撃検知と動体検知の違い

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視ではドアパンチを検知する?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!