【3分記事】プリウスの左ハンドルってなぜ?どこから来たの?

プリウス・左ハンドル・なぜ

プリウスの左ハンドルってなぜ?どこから来たの?

トヨタあるいは日本を代表するハイブリッドカーであるプリウスは、いまや世界中の道路を走っています。

このように世界市場で活躍する車を製造するには、使用する国の交通法規に合わせて、日本のように車が左側通行の国では右ハンドルに、アメリカやヨーロッパのほとんどの国のように右側通行の国では左ハンドルに、製造段階で別のライン組をして対応しています。

日本でも時々左ハンドルプリウスを見かけることがありますが、そうした左ハンドルプリウスの多くは北米からやってきているようです。

並行輸入ですね。

プリウスが好きだけど、でもあまりにも数が多すぎて他と差別化できない。そこで、アメリカなどから左ハンドルプリウスを逆輸入して乗ってやろう。目立って面白いじゃないか、ということなんだと思います。

日本市場では販売されていない珍しいボディーカラー(金色など)のプリウスは、こうした理由で日本の道路を走っていると推察されます。

左ハンドルのプリウスを日本で乗る際の注意点

車が左側通行の日本の道路で左ハンドルプリウスに乗るには、それなりの注意点が必要です。

まず、運転する際の注意点としては、下記のような点に注意が必要です。

  1. 追い越しの際に対向車の確認がしにくい
  2. 交差点で右折する際にやはり対向車の確認がしにくい
  3. 高速道路の合流に神経を使う
  4. 路側ギリギリに停めて降りようとするとガードレール等でドアが開かない。
  5. 助手席の乗員がドアを開ける際に神経を使う
  6. 有料駐車場の発券や支払いの際に手が届かないことがあり、いちいち車から降りなければならないことがある※ETCの普及で高速の料金所の不便さは解消しています

左ハンドルのプリウスを維持管理する際の注意点

プリウスはトヨタの車なので日本での車検やメンテナンスは問題ないように思われるのですが、実際はそうでもないようです。

左ハンドルプリウスは右ハンドルとは異なるパーツをいくつか使用しています。

そのため、トヨタのディーラーやカー用品店や修理工場などでは、並行輸入された左ハンドルプリウスに関して、修理や車検などを断る店舗もあります。

ただし、一般的には、並行輸入する際に窓口となったところが車検やメンテナンスなどを行うのが普通なので、そうした店舗が自宅近くにあるのであれば、それほど問題にはならないと思います。

並行輸入する左ハンドルのプリウスのお値段は?

<車両価格>+<輸入に関わる諸経費>+<日本の排ガス規制に適合させるための整備費用>

などが支払うべき総額になります。

だいたい、車両価格に120万円~150万円くらいの上乗せになると思います。

プリウスは日本の道路を走る車の中で、普通車としては最も数が多い車種だと思います。

そうした数多ある同類と差別化する料金として、120万~150万はまずまずのお値段ではないでしょうか。

車のカスタムでこのくらいの金額を掛けている人はザラにいるので、法外な出費ではないと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!