(2023年6月)ジープSUVコマンダーに限定モデル「ロンジチュード」547万から

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



(2023年6月)ジープSUVコマンダーに限定モデル「ロンジチュード」547万から

ジープ・コマンダー:Wikipedia

2023年5月31日、ジープの3列7人乗りSUV「コマンダー」の新しい限定モデル「ジープ・コマンダー ロンジチュード」がステランティスジャパンから発表されました。

6月17日に200台限定で発売される予定です。

価格は消費税込みで547万円~となっています。

どんなクルマ?

コマンダーは、2022年10月に2代目として日本で発表されました。

動力性能

「ジープ・コマンダー ロンジチュード」は、リミテッドモデルと同等のエクステリアを持ちつつ、170馬力・350Nmを発生する2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載しています。

このエンジンは低回転域から最大トルクが立ち上がるのが特徴で、アクセル操作にリニアに反応し優れたドライバビリティと高い走破性、さらに低燃費も両立しています。

9速ATと電子制御4×4システム「Jeepアクティブドライブ」が組み合わされています。

尿素SCRシステムを搭載して排出ガス内の窒素酸化物(NOx)を大幅に低減しています。

お買い得モデル

駆動方式を前輪駆動(FF)にし、内装にファブリック生地を採用することでリーズナブルな価格を実現したモデルです。

サイズ

全長4770mm×全幅1860mm×全高1730mm、ホイールベースは2780mmというサイズの3列7人乗りのSUVです。

エクステリアは、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキーL」のデザインを引き継ぎ、7スロットグリルはヘッドライトと一体化しています。

運転支援機能も充実

運転支援機能も充実しており、前走車と一定の車間距離を保ちながら追従するアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、ハイウェイアシストシステム、アクティブレーンマネジメント、衝突被害軽減ブレーキなど、多くの最新機能を標準で搭載しています。

ボディカラーは2色

限定モデルのボディカラーは、「パールホワイトトライコート」と「ブリリアントブラッククリスタル」の2色が設定されています。

547万円200台限定

車両価格は547万円(消費税込)で、日本国内で200台が限定販売されます。

ジープのラインナップをご紹介

ジープのラインナップは以下の通りです:

  1. Renegade(レネゲード):アウトドア&キャンプ界隈で近年注目を浴びている“ブッシュクラフト”をテーマに、人気スタイリストお気に入りのキャンプギアを詰め込んだモデルです。
  2. Compass(コンパス):すべてが新しくなったインテリアは、居住性を大幅に向上しています。高品質で柔らかな素材にこだわったデザインは、より洗練されたスタイルにアップデートされています。
  3. Commander(コマンダー):シルバートリムが輝き、上品な配色で彩られたインストルメントパネルが、冒険心であふれた 空間をどこまでも優雅に演出します。多彩な操作が可能なスイッチ類を配したステアリング ホイール、最新デジタル技術を搭載した10.1インチタッチパネルモニター、高音質なサウンドを 響かせるサブウーハー付きプレミアムサウンドシステムが、アーバンドライブで、アウトドア フィールドで、かつてないほど豊かで快適な時間を演出します。
  4. Wrangler(ラングラー):Jeep®本来の揺るぎない4×4性能をさらに鍛え上げ、Wrangler史上最強のオフロード走破性を実現。新たにSTART&STOPシステム機能付2.0ℓ 直列4気筒DOHCターボエンジンと8速ATを採用するなど、未知なる景色へ続くパワーと低燃費の両立も図っています。
  5. Grand Cherokee(グランドチェロキー):ジープの4車種の中では、ラグジュアリーモデル的な位置付けで、エクステリア・インテリアともに力強さの中にも美しさが感じられる上質なデザインとなっています。贅沢な快適装備や、先進のテクノロジーを使った安全装備が搭載され、デザイン面でも性能面でも高級感のあるジープのフラッグシップモデルです。
  6. Gladiator(グラディエーター):Gladiatorは、誰の追随も許しません。大きな荷台を中心とした圧倒的な使い勝手が、自由と冒険の世界を夢見る大人たちを力強く駆り立てます。ピックアップトラックへの大きな期待は、大自然を満喫する豊かな喜びに変わるはずです。
created by Rinker
¥2,000 (2024/06/13 00:23:50時点 Amazon調べ-詳細)

ジープブランドの販売台数推移

ジープブランドの日本での販売台数の推移は以下の通りです。

  • 2009年:1010台
  • 2010年:1877台
  • 2011年:3154台
  • 2012年:4977台
  • 2013年:4928台
  • 2014年:6691台
  • 2015年:7129台
  • 2016年:9388台
  • 2017年:1万101台
  • 2018年:1万1438台
  • 2019年:1万3354台
  • 2020年:1万3588台
  • 2021年:1万4294台
  • 2022年:9871台

2022年は、コロナ禍や半導体不足、原材料費の高騰、急激な円安などの影響で、前年比69.1%の9871台と6年前の2016年水準にまで台数が落ちてしまいました。

しかし、2023年に入ってからは、2月までの2か月間の数字だけを見ると1602台と、前年同月比で120.8%まで数字を戻していることから、2023年はまた販売台数も上向くことが予想されます。

ジープは中国、ドイツ、韓国、アラブ首長国連邦あたりでも比較的好調なようですが、本国のアメリカ以外では日本が突出しています。

特にラングラーは日本が世界でもっとも売れているそうです。

参照元・引用元:下記のサイトから情報をかき集めています。

vague)(Jeep Japan)(くるまのニュース)(vague