車|メーカーオプションとディーラーオプションの違い・ナビの見分け方・値引きは?

車・メーカーオプション・ディーラーオプション・違い・値引き・ナビ・見分け方

新車を購入する際は、標準装備品以外にオプションとして付けられる装備があります。

ところが、オプションにも2種類あって、それがメーカーオプションとディーラーオプションです。

この両者の違いは何でしょう?

たとえばナビなどは両方から選べることがありますが、どちらがいいのでしょう?

値引きはどちらが有利なのでしょう?

また、中古車を購入する場合に、メーカーオプションとディーラーオプションの見分け方ってあるのでしょうか?

2つのオプションの違い

メーカーオプションとは、原則として、メーカーの製造ラインの中でしか組み入れられない装備品を指します。

たとえば、サンルーフ、本革シート、追加のエアバッグ、標準装備でない衝突安全ブレーキといったものがあります。

一方で、ディーラーオプションとは、メーカーの製造ラインから出荷された車にディーラーの工場内で取付可能な装備品です。

たとえば、エアロパーツ、フロアマット、サイドバイザーなどです。

中には中間的な装備もあって、メーカーオプションでもディーラーオプションでもどちらでも取付可能な装備があります。

たとえば、ナビゲーションシステム、ドライブレコーダーなどはどちらでも用意していて、ユーザーが選択できるようになっているケースもあります。

見分け方

中古車を購入する場合など、果たして今付いている装備品がメーカーオプションなのかディーラーオプションなのか見分けがつかないこともあるでしょう。

サンルーフのようなものならメーカーオプションに決まっていますが、ナビはどうでしょう?すぐには見分けがつかないのでは?

一般的に、メーカーオプションのナビゲーションシステムは、デザイン的に周囲の部材との一体感が強く、機能に関してもオーディオやエアコンなどの操作を同じ画面でできるようになっていたりと、いかにも特別にあつらえました感を醸し出しているものが多いと思います。

最近の車種では、ナビ・オーディオ・エアコン・ドライブレコーダー・通信機能が一体になったものもあります。

一方で、ディーラーオプションのナビの場合は、とりあえずDINのスペースに収まった規格品で、デザイン的な統一感はメーカーオプションに劣りますし、機能面でもメーカーオプションのような様々な操作を集約したものではなく、単体で作動するものがほとんどです。

どうしてもメーカーオプションとディーラーオプションの見分け方がわからない場合は、新車発売当時のカタログを入手すれば、それがメーカーオプションかディーラーオプションか判断できるはずです。

メリット・デメリット

サンルーフや本革シートなどはメーカーオプションでしか付けられないので、これのメリット・デメリットと言っても意味はないのですが、ナビの場合は明白にメリット・デメリットがあります。

メーカーオプションのナビゲーションシステムは、ほとんどの場合他の装備品の操作と一体になっています。

だから、まだ新しくてどこにも不具合が出ないあいだはとても満足感が高いのですが、いったん故障したりすると、修理費用が高く付くというデメリットが出てきます。

よく聞くクレームとして、ナビが古くなったから最新の地図に交換したいとディーラーを訪ねたら、それはもうトンデモナイ金額を吹っかけられた、なんて話があります。

機種によっては、ナビをそっくり交換しないと新しい地図に対応できないケースもあったりします。

その点、ディーラーオプションのナビなら後付けの規格品なので、地図の交換もリーズナブルですし、故障しても安く修理できることがほとんどです。

最悪、機種ごと交換しなければならない場合でも、値段の安い機種を自由に選べます。

このように、メーカーオプションにはデザインの統一感や操作性の良さといったメリットがありますが、その反面、いざ故障したり地図を更新するときの経済性などは明白なデメリットです。

したがって、ナビ付きの中古車を購入する際は、もし選択できるのであれば、ディーラーオプションのナビが付いた方を選ぶべきです。

値引きは?

メーカオプションは車両の一部として扱われるので、車両本体価格に含まれることになり、自動車取得税の課税対象になります。

一方で、ディーラーオプションは単体での売買になり、消費税がかかるだけです。また、利益率が高いことで知られていて、ディーラーにとっては利益を稼ぐ絶好の手段になっています。

もしもメーカーオプションのナビとディーラーオプションのナビを選択できる場合で、あなたがディーラーオプションのナビを選んだりすれば、ディーラーの担当者は随喜の涙を流すでしょう・・・はオーバーですが、かなり喜ぶことは確実です。

また、よく知られているように、ディーラーオプションは値引きの駆け引きに利用されるアイテムでもあります。

これ以上お値引きはできませんが、そのかわりサイドバイザーをお付けします。なんとかサインしていただけませんか

といったクロージングに向けた営業マンのセリフをお聞きになった方は多いはずです。

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。