車のアウトドアステッカーがダサいという話

車・アウトドアステッカー・ダサい
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

車のアウトドアステッカーがダサいという話

車に貼られるステッカーには様々な種類がありますが、近年人気を高めているステッカーにアウトドア系ステッカーと呼ばれるものがあります。

  • THE NORTH FACE(ノースフェイス)
  • patagonia(パタゴニア)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  • Bush Craft(ブッシュクラフト)
  • キャンプどうでしょう
  • LOGOS(ロゴス)
  • Coleman(コールマン)
  • ゆるキャン△
  • CHUMS(チャムス)
  • LIVE SIMPLY(リブシンプリー)
  • 水曜どうでしょう
  • Helinox(ヘリノックス)
  • MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)
  • Petromax(ペトロマックス)
  • YETI(イエティ)
  • Mountain Safety Research(マウンテンセーフティーリサーチ)

これらはほんの一部ですが、こうしたブランドのステッカーが車のリアウインドウをはじめ様々な場所にペタペタ貼ってある車がしばしば見られます。

そもそも車のステッカーと言えば、ディズニーランドのステッカーとか矢沢永吉さんのステッカーとか見慣れたものもたくさんありますが、近年の流行としては、キャンプ用品とか登山グッズのメーカーのロゴをあしらったステッカーなどのアウトドアステッカーが目を引くようになっています。

アウトドアステッカーは以前からありましたが、近年より目につく機会が多くなったこともあって、

あれはダサい

運転が下手な車に限ってアウトドアステッカーが貼ってある

自分ではかっこいいと思っているんだろうか。あんなにダサいのに

等々、散々な罵詈雑言が浴びせられています。

でも、好きでアウトドアステッカーを貼っている人なら、こうしたダサいの連発は気にかけないでください。

誰だって自分と異なる価値観には不寛容であり、特に強く主張しているわけではなくても、やけに目立つように感じてしまうものだからです。

また、運転が荒っぽい車は世の中にたくさん存在するのですが、ヒヤッとさせられた車にたまたまアウトドア系ステッカーが貼ってあったりすると、

やっぱりああいうものを貼ってある車のオーナーは普通と違うんだ。アウトドアじゃなくてアウトローだな。ダサいダサい。どうしようもないな。

などと言うことになってしまうのでしょう。

しかし、ごく普通に考えて、アウトドアが好きな人って、ワイルド系ではあるものの、人間的に悪い感じの人ってそんなにいませんよね。

私の個人的な感想として、いかにも週末のキャンプを中心に生活が成り立っているような車の数カ所にアウトドア系のステッカーが貼ってあったりすると、ある種のオーラがあっていいものだなあと思います。

ただ、そういう車にもしも煽られたりしたら、途端に、

ダサい車だ。あのステッカーもダサい。あんなダサいステッカーを貼っているから運転もダサいんだ。

と評価は急転するでしょう(笑)。

人間はそういう風に作られているのかもしれません(と他人事のように言う私)。

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒希望ナンバーでダサいナンバーが多い理由は?

⇒⇒車のメッキはダサい?メッキモールやメッキグリルは下品?

⇒⇒車の赤シートはダサい?興味あるけど周囲の眼が気になる

⇒⇒DADギャルソンの車はダサい?あのステッカーはどうなの?

⇒⇒軽自動車の白ナンバーはダサい、貧乏くさい、見栄っ張り?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。