車が揺れる|信号待ちのアイドリング時に振動が発生

車・揺れる・信号待ち
ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

車が揺れる|信号待ちのアイドリング時に振動が発生

走行中ではなく信号待ちなど車が停止中に振動が発生することがあります。つまり、アイドリング状態の時の振動です。

オートマチック車でアイドリングストップが付いていない車であれば、シフトはDレンジでブレーキを踏んだ状態です。

この状態で気になるレベルの振動が発生する場合は、以下の原因が考えられます。

  1. エンジンマウントブッシュの劣化:10年10万キロを超えるようになるとエンジンを支えるゴム製のブッシュが硬化してきて振動が大きくなります。
  2. ATF(オートマチックトランスミッションフルード)の劣化:変速機から振動が発生している。
  3. ATのマウントブッシュの劣化

いっぽう、マニュアル車で信号待ちをする際は、ギアはニュートラルにしてブレーキを踏むか、クラッチとブレーキの両方を踏むか、いずれかだと思います。この場合に振動が発生したら、以下の原因が考えられます。

  1. エンジンマウントブッシュの劣化:10年10万キロを超えるようになるとエンジンを支えるゴム製のブッシュが硬化してきて振動が大きくなります。

================

信号待ちのアイドリング状態で気になるレベルの振動が発生するケースでは、上記以外に以下のような原因が考えられます。

  1. スパークプラグ、コイル、ハイテンションコード、燃料噴射装置、燃料ポンプ等の燃料系統のパーツが劣化していて不完全燃焼を起こしている
  2. エンジンオイル、オイルエレメント等が劣化している
  3. エアフィルター、エアホース、エアパイプ等の目詰まり・劣化
  4. ファンベルトの劣化
  5. タイミングベルトの劣化

どんな車でも古くなれば様々な箇所で振動が大きくなってきます。その際、何とか受け入れられる範囲の振動ならいいのですが、あまりに大きすぎる場合は何らかの不具合を疑う必要があると思います。

振動の程度によっては次の車検まで放置しておいて構わないものもありますが、ひどい場合はディーラーや修理工場に持ち込んでプロの目で診断を受けたほうが安心だと思います。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。