【義務化はまだ】トライクのヘルメットは法改正で義務化になり規制される?二人乗りは?不要?

トライク・ヘルメット・義務化・法改正・規制・いらない・二人乗り・必要・不要・サイドカー・トリシティ・3輪バイク




【義務化はまだ】見た目は3輪バイクのトライクですが、道路交通法ではバイクではなく3輪の普通自動車と規定されています。

したがって、免許も普通免許が必要で、ヘルメットの着用義務はありません(2021年6月現在)。

二人乗りでもメルメットは不要です(2021年6月現在)。

トライクのヘルメットに関してはいずれ規制対象になるという話が常について回っていますが、この記事を書いている2021年6月現在では、まだ法改正で義務化される予定はありません。

法律上はヘルメットはいらない、ということです。

トライクにヘルメットはいらない。二人乗りも不要

【義務化はまだ】トライクは2輪免許では乗れません。普通免許がないとダメです。

トライクは、道路交通法上は、バイクではなく自動車扱いです。

3輪の自動車です。

したがって、ヘルメットの着用義務はありません。

二人乗りの場合もヘルメットは不要です。※安全のために自主的にヘルメットを着用するのはいいことですが、法的には不要です

ハーレーのトライクなどは、実態としては2輪のハーレーと運転操作などはほとんど変わりませんが、ヘルメットは不要です。※いや、運転操作は違います。トライクのコーナリング時の感覚は4輪の車に近いです。バイクは曲がる方向に車体を傾けますが、トライクは車と同じように曲がる方向とは逆の方向に傾きます

「トライク=3輪のバイク」ではない

外見だけで言うならトライクは3輪のバイクですが、3輪のバイクはトライクだけでなく、たとえばヤマハのトリシティ、ホンダのジャイロ、NIKENやピアジオMP3なども3輪のバイクです。

しかし、トライク以外のこうした3輪バイクはヘルメットが必要です。

法的に着用が義務化されています。

その違いは何でしょう?

上記トライク以外の3輪バイクは、曲がる際は車体を傾けて曲がる構造である、という点がトライクと違うそうなのです。

こうした理由により、これらはバイクに分類され、ヘルメットが必要になっているとのこと。

(※)トライクと2輪バイクの操縦感覚は別物です。コーナリング中はバイクの場合「曲がる際は車体を傾けて曲がる構造である」のに対して、トライクのコーナリング感覚は4輪の車とほぼ同じです。

ちなみに、サイドカーはヘルメットが必要です。

法的にはともかく、ヘルメットは着用すべきです

トライクで高速道路を走った人の話を聞いたことがあります。

風圧で涙が止まらなかったそうです。

法律上の分類はともかくとして、実態はバイクそのものですから、トライクに乗る人は自主的にヘルメットをかぶって運転したほうがいいと思います。

「そんなことなら、最初から買わなかったよ」

とおっしゃる方もいるでしょうが、そういう人でも何度か高速道路を走れば考えが変わるのでは。

トライクについて

3輪バイクのうち、バイクの構造を踏襲したものを「トライク」と言います。トライクはさらに細分化されていて、前1輪、後2輪の車両を「トライク」、前輪2輪、後輪1輪を「逆トライク」と呼ぶことがあります。その他、人を乗せたり荷物を積載できる側車が付けられた「サイドカー」もあります。トライクとサイドカーはともに道路運送車両法の車両区分では「側車付二輪車」となり、道路交通法の車両区分ではトライクが「普通自動車」、サイドカーが「大型自動二輪車、または普通自動二輪車」にそれぞれ分類されます。トライクはクルマと同じように普通免許を所持していればヘルメットを被らなくても一般道路や高速道路などで運転することは可能です(法的には)。しかし、安全面を考えるとヘルメットは必須です。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒(広告)あなたの愛車は今いくら?:車を乗り替える際に今まで乗っていた車をディーラーなどで下取りに出すとあまりいい金額の査定にならないと思います。こういう時は車買取店の方が査定額が高くなるのが普通です。しかも1社で査定してもらうのでなく複数社で査定してもらって一番高いところに売却する。これだけで下取りと数万円の差額が出るはずです。

⇒⇒トライクとは|免許(AT限定)・車検・車庫証明・違反・駐車場・最高速度・任意保険・自賠責保険:一般的な呼び名で言うなら、トライクとは3輪バイクのことです。それはもう、見たまんま3輪バイクですから。しかし、外見はともかくとして、法的な面では「トライク=3輪のバイク」ではありません。トライクは「自動車」として扱われるので、2輪のバイクとは様々な面で異なります。道路運送車両法では「側車付オートバイ(排気量251cc以上)」、「側車付軽二輪(排気量51cc以上~250cc以下)」となります。また、道路交通法の車両区分ではトライクが「普通自動車」、サイドカーが「大型自動二輪車、または普通自動二輪車」にそれぞれ分類されます。ちょっと複雑ですが。

⇒⇒JAFではバイクのパンク修理もやってくれますか?:バイクに乗っていてタイヤがパンクした場合、JAFを呼べば応急のパンク修理をやってくれます。JAFの会員なら無料です。JAFの非会員でも現場に駆けつけてパンク修理や搬送をしてくれますが、その場合は13,330円支払う必要があります。支払いは現金でもクレジットカードでもできます。

⇒⇒ファミリーバイク特約:加入の条件にはどんなものが?:ファミリーバイク特約は個人契約のみです。主契約である自動車保険の記名被保険者が法人の場合は、ファミリーバイク特約には加入できません。法人はファミリーバイク特約に加入できませんが、個人でも家族で営む店舗などの場合、配達にバイクを使用するケースがあると思います。この場合は特に問題ありませんが、注意すべきは、家族がバイクで配達中に事故を起こしたら補償対象になりますが、使用人(他人)がバイクで配達中に事故を起こしたら、これは対象外になります。

⇒⇒バイク排ガス規制いつから?最初の規制は19〇〇年から!:バイクに排ガス規制が導入されたのは1998年からです。排出ガス規制はすでに自動車に適用されていましたが、それまでバイクは対象外でした。しかし、原付1種と軽2輪は1998年の新型車から、原付2種は1999年の新型車から、それぞれ平成10年(1998年)排出ガス規制の対象になりました。

⇒⇒車・バイク|スロットルバルブ|固着で洗浄|交換費用・工賃:車やバイクのスロットルバルブとは絞り弁のことで、エンジンの吸気口のところについているスロットルボディーの内部に組み込まれています。外部からの空気をエンジンに取り込む際に、空気の量を弁で調節する役目です。スロットルバルブの開け閉めは、車の場合は運転席足元のアクセルペダルで、バイクの場合はハンドル右手の握りをひねることで、それぞれ調節します。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!