【プチ調査】フル電動自転車は漕いでいればバレない?捕まった例は?

フル電動自転車・バレない・捕まった




フル電動自転車は漕いでいればバレない?捕まった例は?

※走行中のフル電動自転車。運転している女性は足をペダルではなくフレームに載せている。つまり100%電気モーターの力だけで走行している。by Wikipedia

「フル電動自転車」と「電動アシスト自転車」は見た目は同じで区別がつきません。

つまり、普通の自転車にバッテリーが搭載されていて、ちゃんと足で漕ぐためのペダルがついています。

パッと見、あるいは、しげしげとよく観察しても、その違いはわかりません。

違いは、1点のみです。

フル電動自転車では、ペダルを漕がない状態であってもモーターの動力のみで走行ができるのに対して、電動アシスト自転車の場合は、まずペダルを漕ぎだす必要があり、モーターの動力はそのペダルの力をアシストする形でのみ作動します。

モーター単独で走行できるか、あくまでもペダルの補助としてモーターが作動するか、これがフル電動自転車と電動アシスト自転車の違いです。

したがって、フル電動自転車のペダルを漕いで走行していた場合、これを見た警察官は、電動アシスト自転車との違いはまったく判断のしようがなく、判断するには呼び止めて作動の仕方を実地に確認する以外にありません。

けれども、街中を走っている電池搭載自転車を片っ端から一台一台チェックするのは現実的には不可能であり、つまり、

「フル電動自転車はペダルを漕いでいればバレないか?」

という問いの答えは、

「そうですね。まずバレないでしょうね。一斉取り締まりをするとか、あるいはその車両が事故を起こした場合には発覚するでしょうが、そうでない限りはバレないでしょうね」

というのが答えになります。

この記事を書いているのは2021年11月23日ですが、つい最近、事故を起こしたばっかりにフル電動自転車であることがバレて捕まった事例がありました。

2021年10月27日の東京新聞の記事ですが、「免許が必要な『フル電動自転車』で事故、自転車事故と偽り通報 無免許運転致傷の疑いで男逮捕」とのタイトルで、その内容は、フル電動自転車に乗っていた男が普通の自転車に乗っていた女性と衝突し、その女性にけがを負わせたというもの。その際、男は自分がフル電動自転車に乗っていた事実を隠蔽し、あたかも普通の自転車に乗っていたものとして警察の取り調べに応じたものの、その後に嘘が発覚。その結果、男は自動車運転処罰法違反(無免許運転致傷)の疑いで警視庁巣鴨署に逮捕された。

上記記事はフル電動自転車で捕まった例ですが、捕まったのは事故を起こして取り調べを受けたからであり、普通に走行しているときに呼び止められて捕まったわけではありません

そもそもフル電動自転車は平成16年頃から大阪ミナミを発端に全国に広がっていったと言われていて、そのため大阪の警察官はフル電動自転車に対する知識が深く、ただ走行しているだけでも怪しい車両は呼び止められる可能性が高いのですが、日本全国他の地域では、現時点で大阪ほど厳しいとは思えません。

ただ、いったん事故を起こしてしまうと、取り調べの中でフル電動自転車であることが発覚し、普通の原付バイクで事故を起こした場合と同じ罰則(無免許運転であることを含め)が課せられるでしょう。

法律を確認

電動アシスト自転車は普通の自転車と法的には全く同じ扱いになります。

運転免許証は不要です。

いっぽうで、フル電動自転車は50cc以下の原付バイク(原付一種)と同じ扱いです。

したがって、フル電動自転車に乗るには以下の要件をすべて満たす必要があります。

  • 原付免許(原付一種)を持っていること
  • 区市町村発行のナンバープレートを装着すること
  • ヘルメットを着用すること
  • 自賠責保険(強制保険)に加入すること
  • 道路運送車両法に定める保安基準を満たしていること。つまり、前後ブレーキ、ヘッドライト、ストップランプ、テールランプ、ナンバープレート灯、バックミラー、方向指示器、クラクション等を備える必要がある。※出力により一部省略可

フル電動自転車の扱いに変化が⇒⇒ハイブリッド方式を認可

フル電動自転車に乗る際に、モーターの電源を切り、ペダルの力だけで走行しているのであれば、これは普通の自転車と変わらないのだから、免許をはじめ上記条件を満たさなくても問題なく走行できる、と主張する人がいますが、これはその人の勝手な解釈に過ぎず、無免許運転の検挙対象となります・・・・・・・・・というのがこれまでの警察の対応だったのですが、今後はこれが変わるようです。

2021年(令和3年)7月1日に警視庁から「モビリティ・カテゴリー・チェンジャー」を取り付けることで「フル電動自転車」と「普通の自転車」の切り替えを認める通達が出されました。

その結果、たとえば和歌山県に本拠を構えるglafitのハイブリッドバイクは、通常はフル電動自転車として原付一種と同等の扱いを受けるのですが、「モビリティ・カテゴリー・チェンジャー」によりモーター駆動を「切」にし、ナンバープレートを覆うことで、普通の自転車として使用できることになったのです。※ナンバープレートを覆う板には交通標識デザインに沿ったピクトグラムで⾃転⾞であることを明確に⽰す必要があります。

なお、上記のように「フル電動自転車」と「普通の自転車」の使い分けができるのは、あくまでも警察が認可したモード切替装置を装着した車両に限られます。

従来からあるフル電動自転車にそっくり同様の解釈が適用されるのではありません。

あくまでもモード切替装置を備えた車両にのみ適用されることなので、ペダルを漕いでいれば普通の自転車だと勝手に自己判断しても、それは通用しません。

いずれにしても、この分野の法律とその解釈は、今後も微妙に変化していきそうな気配が漂っています。法律の改正または通達等に目を配っていく必要がありそうです。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!