【プチ調査】ペットショップの1万円の犬って何?大丈夫?

ペットショップ・1万円・犬




【プチ調査】ペットショップの1万円の犬って何?大丈夫?

たまにペットショップの店頭で定価1万円の犬が販売されていることがあります。

普通ならあり得ない金額です。

利益を得るのが目的で運営されているペットショップですから、どんな犬種であれ普通なら20万円~40万円くらいがボリュームゾーンであり、時々50万円以上の犬がいたり、反対に5万円くらいの犬がいたりしますが、1万円と言うのはまったくの例外です。

安いことはいいことかもしれませんが、あまり安すぎると逆に心配になってしまいます。

「何か遺伝的な病気を抱えているんだろうか?」

「パテラのリスクが高い犬なんだろうか?」※パテラとは「膝蓋骨脱臼しつがいこつだっきゅう」のことで、膝の皿の部分が本来収まっているはずの溝からズレてしまい脱臼する病気のこと。子犬の時期に発生しやすい

「単なる目玉商品として展示しているのだろうか?」

などなど、いろいろ想像してしまいます。

店員さんにストレートに質問するべき

1万円で売られている犬が特に好きなタイプの犬でないなら、べつに深く追求する必要はないでしょうが、もしも目と目が合ってしまって引き下がれない気持ちになってしまった場合は、やはり謎が解けないとその場を動けないと思いますので、そういう時は、店員さんにごくストレートな質問を投げかけるべきでしょう。

「あの、どうして1万円なんですか?何か問題でもあるんですか?」

と尋ねるのがベストです。

あれこれ自分の頭の中で解釈するような場面ではなく、また、質問しても本当のことを答えるとは限らないなどと邪推してもしょうがないと思います。

店員さんが本当のことを言うかウソを言うかはわかりませんが、答えの内容や答える際の様子からこちらが欲している情報のかなりの部分は手に入るものです。※ウソも一つの重要な情報です

たぶん、店員さんの答えは下記のいずれか一つ、あるいは複数のものになると思います。

  1. 売れ残って、本来なら売り時と言える生後60日前後を大幅に過ぎてしまった
  2. パテラの可能性が高い
  3. (詳細な入手ルートは言わないでしょうが)安く手に入ったので目玉として皆さんに提供している
  4. 脚や肋骨等に変形らしき兆候がある
  5. 予想サイズが大きいもので・・・※予想サイズとは成犬になった時のサイズのこと
  6. ぜんぜん何の問題もありません

上記のうちで②パテラと④骨の変形と⑤予想サイズはむしろ答えがすっきりしていて買う買わないの判断がつきやすいと思います。そうした問題があっても、それでも一緒に暮らしたいと思える犬であれば、そういう遭遇の仕方をしてしまった相手であれば、買えばいいと思います。もちろん、ある程度の知識と経験があって問題の部分に対応できる自信があっての話ですが。

①の売れ残りは最もありそうな理由ですが、必ずしも人気がない犬種だから売れ残るとは限らないようです。これは⑤のサイズの問題とも関係しますが、たとえばプードルなどの人気犬種の場合、その犬種に関する情報も豊富にあるので、購入希望の人はマズル、毛量、皮膚色素、ミスカラー、噛み合わせ、そして予想サイズなどを細かくチェックしますから、許容範囲を大きく逸脱している個体は敬遠されます。反対に、あまり人気がない犬種の場合は、細かいチェックが入らずに、勢いでパッと購入する人もいます。いずれにしても、売れ残った理由がこうした理由(予想サイズなど)であることが明白なら、健康に関するリスクは少ないと思えるので、気に入りさえすれば購入してもいいのではないでしょうか。

③目玉として提供と⑥何の問題もないはウソかもしれませんし、言葉通りかもしれません。何らかの理由で「損切り」をしたいのでしょう。つまり、1万円ではワクチン費用その他ですでに赤字なのは確実だけれど、いつまでもお店に抱えていてはそのうちタダでも引き取り手がいなくなるかもしれない。それなら速やかに手放そう、というわけです。そのペットショップが地域で長く店舗を構えていて、評判もいいお店であれば、1万円でもたぶん大丈夫だと思います。なんだかあまりいい評判は聞こえてこない店であれば、手を出さないほうがいいと思います。

20万~40万は「適正価格」

この記事を書いているのは2021年12月26日ですが、現在の貨幣価値で犬一匹の値段が20万円~40万円というのはたぶん適正な価格だと思います。

ペット業界に関して私はまったくの素人ですが、ネットでペットショップやブリーダーの直販サイトなどをいくつかチェックしたところ、多くの店で犬種を問わず20万円~40万円くらいが価格のボリュームゾーンになっています。

よくこういうことが言われます。ペットは原価がいくらだから利益を乗せて売値がいくら、というやり方は通用しない。まず、これなら売れるという値段があって、ペットショップもブリーダーもそれに合わせるしかないのだ、と。ペットには値段があってないようなものなので、どうしても原価主義ではなく市場主義になるというわけです。

確かに短期的にはそういうことは言えるでしょうが、長期的にはそれでは商売として成り立たないでしょう。つまり、赤字が続いたら商売が続けられないということです。赤字にならず、ちゃんと利益を確保しつつ、だけどライバルに客を取られないような価格設定にする、こうした市場競争の結果が、現在の20万~40万というボリュームゾーンに落ち着いているとみるべきです。

そういう意味で、20万~40万が現在の「適正価格」だと思います。

一見高いように見えますが、ブリーダーが子犬を育てるのには以下のようなコストがかかります。

  • 飼育スタッフの人件費
  • 水道光熱費
  • 飼育施設の賃料または固定資産税等
  • 感染予防や健康診断にかかる費用
  • 餌や備品など飼育に必要な費用
  • 血統書の登録発行費用

たとえば同じ広さの敷地でも、10頭飼育するのと50頭飼育するのとでは、効率の面で当然50頭飼いの方が1頭当たりのコストは安く抑えられます。

しかし、信頼できるブリーダーは無暗にそんな飼い方はしません。細かいところまで目が届く適正な頭数で飼育します。

やがて、ペットショップに「卸す」わけですが、たとえば店頭価格が40万円になる犬を卸値で40万で売れるはずがなく、恐らく10万~15万前後でしょう(私のあてずっぽうで根拠はありません)。

このように見てくれば、店頭価格1万円の犬と言うのは、正規のルートで販売される犬の価格としては有り得ない価格であることは明白です。

つまり、「商品」としては完全に規格外であり、何らかの問題を抱えています。

ただ、問題を抱えているとしても、その問題は必ずしもその犬が生物学的な「問題」を抱えているわけではなく、生き物としてはいたって健康体であるケースも多々あるようです。

実際、健康面ではその後何の問題も発生していない「1万円の犬」を飼っている方は、ネットで調べるとあちこちにいらっしゃいます。

店員さんとのやり取りで、「たぶん大丈夫だろう」と判断できるのであれば、思い切って1万円の犬を購入してもいいかもしれません。

そもそも、ペットショップ以外で犬を手に入れたいという場合なら、無料で手に入るルートは数多くあります。

それは、里親です。

ただし、里親希望で犬を譲渡してもらうには様々なハードルがあって、これはこれでけっこう大変です。

いずれにしても、最終的に犬と幸せな共同生活ができるかどうかは犬の値段で決まることではないと思います。

すべて運だと思います。

まずは様々な周辺の情報を考慮しつつ、最後はあなたの<直感>でご判断ください。これ以外に頼るものはないと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

【プチ調査】ペットショップで売れ残りの犬・猫を値引きできる?

2021.12.27

【プチ調査】猫の里親はうざい?何様?おかしいよ。自宅訪問、嫌!

2021.12.23

【プチ調査】チンチラってむかつく?世話が大変でイライラする?

2022.01.09




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。