車検費用のボーナス払い|クレジットカードで一括・分割は?

車検・ボーナス払い・クレジットカード・分割

車検代をクレジットカードのボーナス一括払いで支払い可能な車検業者は増えています。

カードの契約内容によっては分割払いも可能です。

ただし、一口に「車検費用」と言っても、法定費用・整備費用・部品代など項目が分かれていて、法定費用はクレジット払いの対象外のところもあります。

事前に確認することが大事です。

条件次第でボーナス払いは可能

たとえば3月に車検があり、総額12万円の車検費用が発生したとします。

しかし春には何かと出費が重なるので7月のボーナスが出たらそこで一括払いしたいというケース。

この場合、まずあなたがクレジットカードを持っていて、そのカードの契約内容がボーナス一括払いに対応していて、なおかつ、車検業者がカード払いがOKであり、なおかつ、自賠責保険・自動車重量税・印紙代などの法定費用を含めた総額もカード払いOKの業者であれば、晴れてボーナス払いが可能になります。

ちょっと複雑になりましたが、このように車検代のボーナス払いにはいくつかのハードルがあるわけです。

もう一度整理します。

まず、あなたがクレジットカードを契約していて、契約内容がボーナス払いに対応している必要があります。

次に、車検業者がカード払いOKの業者である必要があります。業者によってはクレジットカードはダメで、信販会社のローンのみ扱っているところもあります。

また、車検費用の総額がボーナス払いできる場合もあれば、法定費用は現金払いで、その他の費用部分のみカード払い可能というケースもあります。

こうしたことは事前に確認しておく必要があります。

分割払いが利用できることも

カードの契約内容によっては分割払いが可能なケースもあります。

新車から3年後に最初の車検があります。

以後も2年ごとにあります。

分割回数は最大で24回までにしておくべきです。

なお、この場合も、車検費用の総額が分割の対象になるのか、法定費用を除いた残りの費用のみが対象なのか、事前に確認する必要があります。

ポイントが付与されるが、注意点も

クレジットカード払いの魅力はポイントが付くことです。

ただし、付与されるポイントは自由に使えるポイントである場合もあれば、旅行など限られた目的にのみ使用できるポイントである場合もあり、これも事前に確認が必要です。

また、ディーラーの車検などでは特定のカードを使用した場合にのみポイント倍数が跳ね上がる特典などがあり、これも事前に確認が必要です。

いずれにしても、クレジットカードというのは魑魅魍魎であって、宣伝文句を言葉通り受け取っていると、後で話が違うという場面が数多く出てきます。

また、しょっちゅうサービス内容が変わるので、そういう意味でも、事前に確認することが大事です。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。