【保安基準】フォグランプの高さ|車検の基準|年式で違う?対策は?

フォグランプ・高さ・車検・対策・年式

車検におけるフォグランプの高さ基準:平成18年から

フォグランプの正式名称は、フロントフォグが「前部霧灯ぜんぶむとう」、リアフォグが「後部霧灯こうぶむとう」です。

霧灯の高さ(位置)に関しては、道路運送車両法の保安基準に明確な規定があって、以下の通りです。

  • 前部霧灯:地上から25cm~80cmのあいだ※車幅の外側縁からフォグランプの外側縁が40cm以内であること
  • 後部霧灯:地上から25cm~100cmのあいだ※ブレーキランプから10cm以上離れていること

なお、新車時にフォグランプが付いている車両の場合は、当然上記規定をクリアしていますが、後付けでフォグランプをつける場合は注意が必要です。

上記基準は2006年(平成18年)生産車以降に適用される基準です。この年以降の年式の車は、新車時にフォグランプがついている場合は、上記基準を満たしています。

(※)フォグランプの装備は必須のものではありません。なければないで問題なく、車検もない状態で合格します。しかしフォグランプがついている場合は上記基準を満たす必要があります。当然、後付けでフォグランプを付けた場合も上記基準が適用されます。

高さが足りない場合の対策

後付けでフォグランプをつけているけれど、ローダウンなどで高さが上記基準を満たさない。でももうすぐ車検に出す予定だ、というケース。

こんなケースでは車検対策としてどうすればいいのでしょう?

次のような対策が考えられます。

  1. タイヤを径の大きなものに一時的に履き替えて高さを稼ぐ
  2. フォグランプをガムテープでペタペタ貼って隠してしまう
  3. フォグランプを取り外し、配線も外し、運転席のフォグランプスイッチも取り外す

上記3つの対策の内、①は高さ基準がそれで満たされれば問題なく車検に通ります。

しかし、②のガムテープは検査官の主観に左右されるケースです。検査官によってはOKという場合もありますが、厳しい検査官では不合格になります。

③は完璧です。文句なく車検は合格します。でも手間とお金がかかりそうなのであまり現実的ではありません。

結局のところ、車検前に車検に出す予定のところで確認するのが一番です。一番検査が緩そうなところに車検を出すのも一つの方法です。

フォグランプ関連の記事
⇒⇒フォグランプを後付けする費用はどのくらい?
⇒⇒フォグランプを車検の時だけガムテープで覆うのはアリ?
⇒⇒フォグランプの黄色は禁止されていますか?
⇒⇒車検で純正のフォグランプを外したら保安基準に違反しますか?
⇒⇒車検でフォグランプを隠すのは保安基準に違反しますか?
⇒⇒バックフォグとは|輸入車などに付いているリヤのフォグランプ
⇒⇒フォグランプが紫だと違反?点数は何点?罰金はいくら?
⇒⇒フォグランプが青だと警察に捕まるって本当ですか?
⇒⇒リヤフォグランプの保安基準|フロントの規定とどこが違う?
⇒⇒フォグランプが球切れしてたら車検に通りませんか?
⇒⇒フォグランプの光軸調整は車検の保安基準でどうなっている?
⇒⇒フォグランプの個数は車検の保安基準にある?4灯や片方だけはOK?
⇒⇒フォグランプをLEDにしたら車検は通らない?2色切り替え式は?
⇒⇒車検に通るフォグランプの色は?黄色でも保安基準はクリアー?
⇒⇒フォグランプの高さに保安基準はありますか?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!