車検|ヘッドライトのイカリングは車検に通る?個数・色・配線・フォグ・対策

車検・ヘッドライト・イカリング

イカのフライみたいに見えるヘッドライトのイカリングですが、車検に通る通らないはけっこう微妙です。

BMWのように純正で付いているものは問題ありませんが、ドレスアップ目的で後付けした場合は注意が必要になります。

車検拒否が続出

ヘッドライト部分にイカリングのような輪っかが出現したのはBMWのE39のマイナーチェンジ時(2000年)でした。

その後のBMWではお馴染みとなったイカリングですが、道を行き交う多くのドライバーに強烈なインパクトを与えたようで、「あれを付けてみたい」という人が続出し、アフタパーツ市場をにぎわすようになっています。

後付のイカリングとしては、LEDで光るタイプとCCFL(冷陰極蛍光管)で光るタイプが主流になっています。

ところが、車検との関連で言うと、後付のイカリングは改造車扱いになり、何かとトラブルを生んでいます。

本家BMWの場合は純正品ですから、車検は何の問題もなく通ります。

しかし、後付のイカリングを装着した車の場合、そもそも車検そのものを受け付けない整備工場やディーラーが続出しています。

ユーザー車検でも不合格になるケースが数多くあります。

結局、車検の前に純正のヘッドライトと交換するという一手間を掛けざるを得ないケースが頻発しているのが現状です。

整備工場などが車検を拒否する理由は、うっかり検査を通したものの後日問題が指摘された場合、指定整備工場の認可を取り消されるケースがあるからです。

「たかがヘッドライトの装飾くらいで・・・」

とわたしなどは思ってしまうのですが、あんがい根深い要因があるようです。

車検対応か確認してから取り付ける

どうしてもイカリングを付けたい場合は、事前に車検対応の製品であるか確認してからにすべきです。

Eマークが付いているか、車検対応の表示があるか、などを事前にチェックしてください。

とは言え、こうした製品であっても必ず車検が通るとは限らないのが実情であり、万が一車検に通らなかったケースに備えて、純正のヘッドライトはいつでも交換できるように手元に置いておく慎重さも必要です。

車幅灯として装着する場合

イカリングの機能を道路運送車両法に定める「車幅灯(スモールランプ・ポジションランプ)」に限定してしまえば車検は合格します。

車幅灯にするには以下の条件を満たす必要があります。

【2006年(平成18年)1月1日以降の車の場合】

  • 灯光の色は白色であること
  • 夜間に前方300mの距離から点灯が確認できること
  • 光度は300カンデラ以下であること
  • 光源が5W以上30W以下であり、照明部の面積が2個の合計で15c㎡以上であること
  • 上方15度・下方15度・内側方向45度・外側方向80度から見通すことができるものであること

(※)色に関しては赤・青・ピンク・オレンジなどは不可ですが、アンバーは色の度合いにより判断が分かれるところです。

フォグランプとして装着する場合

イカリングをフォグランプとして装着することも可能です。

道路運送車両法では、フロントのフォグランプを「前部霧灯」として明確な保安基準を定めています。

以下のとおりです。

フォグランプの保安基準
前部霧灯
白または淡黄色

※左右同色であること

個数 2個以下
位置・高さ 地上から25cm~80cmのあいだ

※車幅の外側縁からフォグランプの外側縁が40cm以内であること

光軸 下向き
玉切れ・レンズの割れ 不合格
ヘッドライトとの連携 ヘッドライト点灯時にのみ灯火可能、ヘッドライト消灯時は灯火不可

(※)LED球であっても「車検対応」の品であれば問題なく車検をパスします。

売却時の査定は落ちる

BMWのようにイカリングが純正で装着されている場合は何の問題もありませんが、後付で付けている車両を売却する場合、査定額が落ちる傾向にあります。

中古車を購入する人の誰もがイカリングを好むわけではなく、また、後付のイカリングは改造車として扱われるからです。

したがって、こういったケースに備えるためにも、純正のヘッドライトユニットはいつでも交換できるように手元に置いておくべきだと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。みなさんもお気をつけください。やはり「うがい」が大事なようですよ。それからウインドウズ7のサポート期間がこの1月14日で終了しました。当ブログはウインドウズ7のPCで作成しているので焦っています。どうしよう・・・。