車検は現金払い?クレジットカードでポイント加算は?ローンはOK?

車検・現金・クレジットカード・ローン

ディーラーや指定整備工場やガソリンスタンドや全国チェーンの車検専門業者に車検を出した場合、現金払い以外にクレジットカードやマイカーローンを使えるところがほとんどです。

ただし、車検費用の総額をカードやローンで支払い可能な業者もあれば、車検費用のうちの整備費用・部品代のみカードやローンで支払いができ、法定費用は現金という業者も結構あります。

なお、陸運局で全て自分で行うユーザー車検は現金払いのみです。

ユーザー車検は現金のみ

業者に車検を代行するのでなく、自分で陸運局に車を持ち込んで車検を行うユーザー車検の場合、支払い方法は現金のみです。

現金以外:クレジットカード・マイカーローンOKのところがほとんど

業者に車検代行を依頼する一般的な車検の場合、現金以外の支払い方法はたいていOKです。

ディーラー・指定整備工場・認定整備工場・ガソリンスタンド・カー用品店・全国チェーンの車検専門店などは、現金はもちろんですが、クレジットカードやマイカーローンでの支払いも受け付けています。

ただし、業者によって微妙に扱いが異なることがあって、たとえば、クレジットカードはOKだがマイカーローンはNGなところもあります。

事前に電話・ネットで確認するのがベスト

あなたが車検代行を依頼しようとしている業者が現金以外の支払い方法に対応しているかどうかは、事前に電話やネットで確認するのが一番確実です。

その際、ただ単にクレジットカードはOK、あるいは、マイカーローンはOK、という確認だけでは不十分です。

車検費用は、法定費用と整備費用に分かれていて、法定費用は重量税・自賠責保険料・印紙代の3つで、この3つは業者の財布に入るお金ではなく公的機関に納入されるお金です。

したがって、業者によっては、この法定費用はあくまでも現金払いで、残りの整備費用(車検代行料+車検整備費用+交換部品代)だけがカードやローンの支払いOK、というところもあります。

もちろん、そうした区別なく車検にかかる費用の総額をすべてクレジットカードやマイカーローンで支払いできる業者もあります。

そういう事情があるので、電話やネットで確認する際は、この点もはっきりと確認してください。

クレジットカード払いのメリットはポイント加算されること

クレジットカード払いの最大のメリットは、実質的に後払いになる点と、それからポイントが加算される点です。

ポイントが加算されるということは、ポイント分だけ値引きされるのと同じなので、メリットは大きいと思います。

分割払い・ボーナス払いも可能なケースが

マイカーローンなら分割払いは当然可能ですが、クレジットカード払いでも(カード会社との)契約内容によっては分割払いが可能ですし、さらにボーナス一括払いもできるケースがあります。

ボーナス払い可能であれば、4月に車検をして支払いは7月ということも可能になるので、利便性はとても高いと思います。

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。