車検 7年目(3回目)|交換部品と費用|走行距離5万キロから10万キロ

車検・7年目・3回目・交換部品・費用・相場

ノートやアウトランダーやタントなどの自家用乗用タイプは初回車検が3年目、2度目の車検が5年目、そして3度目の車検が7年目になります。

新車から7年目になる頃は、平均的な走行距離は5万キロ~10万キロといったところです。

車の交換部品は経過年数で交換すべきものと走行距離で交換すべきものに分かれますが、7年で5万キロ~10万キロということになると、あれやこれやいろんな交換部品が出てくる時期です。とはいえ、日頃から点検整備をしっかりしている車であれば、車検費用が極端に高くなることはないと思います。

新車から7年目・走行距離5万キロ~10万キロの交換部品と費用

5ナンバーや3ナンバーの自家用乗用車の車検は、初回が3年目、2度目が5年目、3度目が7年目になります。※以後2年毎に車検

新車登録から7年目の車となると、平均的な走行距離は5万キロ~10万キロになり、交換部品もそれなりに発生してきます。

以下で、予想される交換部品とその費用をご案内します。

  • ブレーキフルード(ブレーキオイル):費用相場は5,000円~10,000円。走行距離3万キロ~5万キロまたは3年~5年が交換目安です。
  • AT/CVTフルード:費用相場は7,000円~25,000円。4万キロ~5万キロが交換目安と言われていますが、メーカーにより推奨する交換時期は異なります。また、交換するならメーカー推奨どおりに定期的に交換し、交換しないなら生涯無交換のほうがいいです。20万キロ無交換で問題なく走っている車がいくらでもありますから。
  • ブレーキパッド(ブレーキシュー):費用相場は5,000円~18,000円。5万キロ前後で消耗するケースが多いです。
  • ドライブシャフトブーツ:費用相場は10,000円~18,000円。この部品に破れが発生するとゴミや異物が入り込んでベアリングが壊れます。5万キロ~10万キロは傷みが発生しやすい時期です。
  • タイミングベルト:費用相場は30,000円~100,000円。車により交換時期が異なりますが、一般的には10万キロ前後です。車種によっては交換が必要ないものもあります。一旦破損すると他の部分にも損害が広がって修理費用が膨れ上がるので業者のアドバイスに従ってください。
  • バッテリー:費用相場は10,000円~40,000円。車の使い方により交換時期は大きく異なります。車検ごとに交換するケースもあれば、持ちのいいバッテリーの場合は7年目に初めて交換するケースもあります。
  • タイヤ:費用相場は10,000円~100,000円。軽用の格安品もあれば、普通車のいわゆる「ちゃんと買い」であれば100,000円以上も。交換のタイミングは走行距離に大きく左右されます。

その他、極端に走行距離が多かったり、車の使い方が荒かったりすると、上記以外に様々な交換部品が発生します。

とは言え、日頃からディーラー等で定期点検をマメに受けている車であれば、7年目だからといって3年目や5年目より極端に車検費用が高くなることはありません。

ただし、タイミングベルトやタイヤなど単価の高い交換部品が発生した場合は、もちろん、費用は跳ね上がってしまいますが。

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。