ドライブレコーダーの常時録画の2大デメリットはこれ!

ドライブレコーダー・常時録画・デメリット

ドライブレコーダーの常時録画の2大デメリットはこれ!

ドライブレコーダーの録画方式を大別すると、

  1. 常時録画
  2. イベント録画

の2つに分類できます。

①の常時録画とは、文字通り「常時」録画を続けることで、車のエンジンを掛けてからエンジンを停止するまでのあいだ、ずっとカメラで映像を撮影し続けます。

駐車監視機能を付けている場合であれば、エンジン停止中であっても、「常時」カメラが映した映像を記録し続けます。

このように、常時録画はドライブレコーダーの基本的機能を果たしているのですが、では、この常時録画のどんなところにデメリットがあるのでしょう?

デメリット<1>:SDカードを酷使する⇒⇒新品に交換

ドライブレコーダーの常時録画は、とにかくエンジンをかけている間じゅう録画し続けます。駐車監視中なら、エンジン停止中であってもずっと録画し続けます。

けれども、記録媒体であるmicroSDカードには容量に限界があります。たいてい数時間でメモリーが満杯になってしまいます。

すると、ループ録画方式になっているので、また初めに戻って、すでに録画してあるデータの上に新しい録画データが上書きされていきます。これを延々と繰り返します。

もしも5時間で容量一杯になるマイクロSDカードを使用していたら、5時間のドライブで1回、10時間で2回、30時間で6回・・・というようにカードはデータの上書きが繰り返されていきます。

車の使用頻度にもよりますが、1か月、半年、1年というスパンで考えた場合、マイクロSDカードは数十回から数百回もデータの上書きが繰り返されることになります。

そもそもSDカードの寿命は書き換え回数で決まってきます。デジカメやスマホに使用する場合はそれほど頻繁にデータの書き換えは行われないと思いますが、ドライブレコーダーの常時録画は半端じゃない書き換え回数(データの上書き消去)になります。

カードが破損して大事な事故データが見られなくなることを防止するためには、1年から2年に1度は新品のSDカードに交換すべきです。

つまり、ドライブレコーダーの常時録画は、記録媒体であるmicroSDカードの寿命を早めるのです。

デメリット<2>:駐車監視ではバッテリーの劣化を早める

ドライブレコーダーの常時録画を駐車監視機能で使用する場合、バッテリーの劣化を早めます。

駐車監視中に常時録画するということは、エンジン停止中であっても常時録画し続けるということですから、電源である車のバッテリーは確実に劣化を早めます。

もちろん、電源は車のバッテリー以外からも供給できます。たとえば、外付けのリチウムイオンバッテリーなども用意されていますし、ドライブレコーダー本体内に内蔵バッテリーを搭載する方法もあります。

しかし、外付けバッテリーの場合は、別途1万から3万くらいかけてバッテリーを購入しなければなりませんし、内蔵バッテリーの場合は容量に限界があるので常時録画には向きません。

このように、駐車監視で常時録画する場合は、バッテリーの問題が常に付きまといます。

常時録画しない方法もあるが・・・

たとえば、駐車監視の際、必ずしも常時録画をしなくても、タイムラプスを使えば実質的に常時録画したのと同等の記録ができ、なおかつ、バッテリーへの負担を少なくすることが可能です。

タイムラプス機能では、たとえば、1秒間に1コマか2コマの静止画を撮影し、後でこれを再生するとパラパラ漫画みたいに半動画といった感じの映像になります。

この方法だと、当て逃げの被害にあったら相手の車のナンバープレートを静止画から読み取れますし、車上荒らしとかタイヤ盗の被害にあったら相手の顔を静止画で確認できます。

なおかつ、バッテリーの消費量は常時録画よりも節約できます。

こうした方法を採用することで常時録画のデメリットをカバーすることができます。

(※)タイムラプス機能は車を走行中の録画にも使用可能ですが、しかし、走行中であれば車のバッテリーは常に充電された状態なので、あまりバッテリーの劣化を気に掛ける必要はないので、通常の常時録画で問題ないと思います。

まとめ

ドライブレコーダーの常時録画は、①SDカードの交換頻度を早める、②バッテリーの劣化を早める、といったデメリットがあります。

しかし、②のバッテリーの劣化に関しては、タイムラプス機能などを使えば補える場合もあります。

とは言え、ドライブレコーダーの常時録画は、欠かすことのできない基本機能であり、デメリットにはしっかり対応しつつ、どんどん使っていくべき機能だと思います。

このページのテーマに関連する記事を下記にご案内します。参考になさってください。

⇒⇒ドライブレコーダーの常時録画の仕組みを教えて!

⇒⇒ドライブレコーダーで常時録画できない3つの原因

⇒⇒ドライブレコーダーの「イベント録画」とは?

⇒⇒ドライブレコーダー|駐車監視でも常時録画ってできる?

⇒⇒ドライブレコーダーのSDカードを抜く場合の注意点は?

⇒⇒ドライブレコーダー|ループ録画しない設定にするには?

⇒⇒ドライブレコーダーはバッテリーに負荷をかけますか?

⇒⇒ドライブレコーダーの「上書き録画」ってどういう意味?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、8月ですね。世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。