ドライブレコーダーの録画時間が短い場合はカード交換です!

ドライブレコーダー・録画時間・短い

ドライブレコーダーの録画時間が短い場合はカード交換です!

ドライブレコーダーの録画時間はドライブレコーダー本体の問題ではなく、記録媒体であるカードの問題です。

多くの機種ではマイクロSDカードが使用されていますが、これには容量があります。2GB、4GB、8GB、16GB、32GB、64GB、128GB・・・というように何種類もの容量があります。

記録容量が多いほど録画時間は長くなります。

現在使用中のドライブレコーダーの記録時間が短い場合は、容量の大きなカードに交換することで、問題は解決します。

ただし、ドライブレコーダーは機種ごとに推奨されるカードには制限があります。つまり、この機種では32GBまでのカードで動作確認取れているけれど、それより大きな容量のカードではどういう動きをするかわからず、したがって保証はできない、というわけです。

推奨とされるカード容量は、取扱説明書などに記載されています。

画質を落とせば録画時間は長くできるが・・・

現在使用しているマイクロSDカードを交換しなくても、画質設定を変更することで録画時間を長くすることができます。

最高画質で4時間録画できたとして、中くらいの画質にすると6時間に伸び、さらに低い画質にすると8時間に伸びる、というように録画時間を長くすることが可能です。

ただし、あまり低い画質に設定すると、たとえば当て逃げの車のナンバープレートを読み取れない、といった事態にもなりえます。

やはり、画質は最高画質に設定しておくべきでしょう。録画時間が短いのであれば、容量の大きなカードに交換したほうがいいと思います。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダーの録画時間は最長で何時間ですか?

⇒⇒microSD(マイクロSDカード)の寿命・耐用年数は?ドラレコの記録媒体

⇒⇒ドライブレコーダーの「ループ録画の意味」を教えて!

⇒⇒ドライブレコーダーのイベント録画は上書きで消去される?

⇒⇒ドライブレコーダーは上書きされない設定にできますか?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。