【2021最新】ドライブレコーダーの録画時間が短い場合はカード交換です!

ドライブレコーダー・録画時間・短い




ドライブレコーダーの録画時間が短い場合はカード交換です!

ドライブレコーダーの録画時間はドライブレコーダー本体の問題ではなく、記録媒体であるカードの問題です。

多くの機種ではマイクロSDカードが使用されていますが、これには容量があります。2GB、4GB、8GB、16GB、32GB、64GB、128GB・・・というように何種類もの容量があります。

記録容量が多いほど録画時間は長くなります。

現在使用中のドライブレコーダーの記録時間が短い場合は、容量の大きなカードに交換することで、問題は解決します。

ただし、ドライブレコーダーは機種ごとに推奨されるカードには制限があります。つまり、この機種では32GBまでのカードで動作確認取れているけれど、それより大きな容量のカードではどういう動きをするかわからず、したがって保証はできない、というわけです。

推奨とされるカード容量は、取扱説明書などに記載されています。

画質を落とせば録画時間は長くできるが・・・

現在使用しているマイクロSDカードを交換しなくても、画質設定を変更することで録画時間を長くすることができます。

最高画質で4時間録画できたとして、中くらいの画質にすると6時間に伸び、さらに低い画質にすると8時間に伸びる、というように録画時間を長くすることが可能です。

ただし、あまり低い画質に設定すると、たとえば当て逃げの車のナンバープレートを読み取れない、といった事態にもなりえます。

やはり、画質は最高画質に設定しておくべきでしょう。録画時間が短いのであれば、容量の大きなカードに交換したほうがいいと思います。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダーの録画時間は最長で何時間ですか?

⇒⇒microSD(マイクロSDカード)の寿命・耐用年数は?ドラレコの記録媒体

⇒⇒ドライブレコーダーの「ループ録画の意味」を教えて!

⇒⇒ドライブレコーダーのイベント録画は上書きで消去される?

⇒⇒ドライブレコーダーは上書きされない設定にできますか?

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。