【2021最新】ドライブレコーダー|駐車監視でも常時録画ってできる?

ドライブレコーダー・駐車監視・常時録画

ドライブレコーダー|駐車監視でも常時録画ってできる?

はい、できます。エンジンを停止後、車を駐車させているあいだ、異常があるなしにかかわらず、常時録画を続けることは可能です。設定しておけば、常時録画できます。

通常の機能と同様に、駐車監視機能にも「常時録画」と「イベント録画」があって、多くの機種では工場出荷時の初期設定では下記のような設定になっています。

  • 常時録画+イベント録画

この設定にしておくと、車を駐車している間は常時録画し続けます。そして、衝撃を検知したり動体を検知したりした場合には、検知した瞬間を含めその前後の十数秒間を撮影し、それを常時録画とは別ファイルとして保存します。

なお、いま「衝撃を検知した場合と動体を検知した場合」と書きましたが、これは機種によって異なります。衝撃検知のみ搭載している機種もあれば、動体検知のみの機種もあります。この両方を搭載している機種もあります。この点は各々の機種でご確認ください。

常時録画で注意すること:電源問題

ドライブレコーダーの駐車監視機能は、しっかり作動している限りとても頼もしい機能です。しかし、しっかり作動させるには事前に対策を取っておく必要があります。

それが電源の問題です。

駐車監視機能のうち、常時録画というのは多くの電力を消費します。いえ、電力消費量そのものはデジカメの動画程度のものですが、何といってもエンジンが停止している状態で録画するので、昼間車を走らせているときの常時録画とは意味が違います。

駐車監視機能を付ける場合、電力の供給元は主に3つあります。

  1. 車のバッテリーに直結する
  2. 外部バッテリー(外付けバッテリー)を用意してそれに接続する
  3. ドラレコ本体内に内蔵バッテリーを搭載する

この3つです。

常時録画をする場合、③の内蔵バッテリーでは容量が少なすぎて役に立ちません。①か②ということになります。

①の車のバッテリーの場合は、頻繁に車を利用する場合は、車のバッテリーには常に電気が充電されているので、常時録画でもたいていは問題ないと思います。しかし、たまにしか車に乗らないのに常時録画すると、すぐにバッテリー上がりを招きます。古くなったバッテリーでも同様です。

②の外部バッテリーは、リチウムイオン電池などの高性能のものであれば、ある程度の常時録画に対応できます。ただし、こうした高性能バッテリーはお値段がすごいです。ドラレコ本体より高いこともごく普通です。

悩ましい電源問題ですが、このあたりのことは、ドライブレコーダーを設置するカー用品店やディーラーのスタッフさんに相談してみてください。あなたの車の使い方を考慮したうえで、最適な方法をアドバイスしてくれるはずです。

なお、常時録画する場合、あらかじめ録画時間に制限を設けることで(6時間で自動停止とか)、バッテリーへの負担を軽減する機種もあります。あるいは、常時バッテリーの電圧をチェックしていて、一定の電圧を下回ったらそこで常時録画を停止する、という対策が組み込まれた機種もあります。いずれにしても、どんな機種を選んでどんな電源を使うか、プロの意見を聞くことが一番だと思います。

下記の記事も参考になさっていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視は暗い夜間でも役に立つ?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視機能のデメリットは何?

⇒⇒ドライブレコーダー|駐車監視機能はバッテリー上がりを招く?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視|衝撃検知と動体検知の違い

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視ではドアパンチを検知する?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!