【なるほど解説】ドライブレコーダー|後ろのリアカメラいらない?必要?

ドライブレコーダー・後ろ・リアカメラ・必要

ドライブレコーダー|後ろのリアカメラは必要?不要?

ちょっと前までは、ドライブレコーダーを付けるか付けないかが議論の中心でした。しかし、今では付けることは当たり前で、付けるとしたら前1カメラか、前後カメラか、360度カメラか・・・といった議論が中心になっています。

言うまでもなく、360度カメラがベストだと思います。事故の映像だけでなく、煽り運転の証拠映像としても有効性が高いからです。

結論ですが、ドライブレコーダーのリアカメラ(後ろに付けるカメラ)は必要です。

(※)ドライブレコーダーの映像が裁判で有効かどうかが議論されることがありますが、ガチガチに有効です。証拠能力はピカ一です。ただし、ナンバープレートがはっきり読み取れる、信号の色が明白に判別できる、といったことが条件になりますが。特に「(後方の車の)ナンバープレートがはっきり読み取れる」という点では360度カメラより後ろに付けるカメラ(リアカメラ)の映像のほうがより鮮明です。

【2021最新】ドライブレコーダーの映像には交通違反の証拠能力がある?

2020.07.11

【2021最新】ドライブレコーダーの事故映像を保険会社に提出する方法

2019.10.23

【2021最新】ドライブレコーダーの事故映像は提出する義務がありますか?

2019.10.23

逆あおり運転の犯人は逮捕される?適用される罰則|対策|特定にはドラレコが有効

2020.03.09

独立したリアカメラは有効性が高い

360度カメラがベストだと上に書きましたが、しかし、実際に360度カメラを装着している人からは不満の声も聞こえてきます。

それは、車の後方の映像が小さくて見ずらい、という点です。360度カメラでは、車の後方の映像は室内を映しつつリアガラス越しに撮影することになります。

その結果、たとえば後続の車に煽られるような場面では、映像が小さくてナンバーや顔が判別しにくいという欠点があります。

そこで、中には、すでに360度カメラを付けたまま、これに追加する形で独立したリアカメラ(後ろに付けるカメラ)を設置する人もいます。※通常はリアウインドウの内側に付けます

いろいろ過去にトラブルがあったりした人の場合は、ここまで徹底した対策を取っているようです。

(※)ただし、煽り運転の場合は、後ろで煽る程度ならまだ序の口であって、本当に恐ろしい煽り運転は、こちらの横を並走して罵声を浴びせ来たり、こちらの前に回って急停止したりまた発進したりを繰り返し、さらには、車を完全に停止して、車から降りてきて因縁をつける、といった煽りこそ真に恐ろしいものです。そして、このように相手が車の横に回ったり前に回ったりすれば、360度カメラではその時点で鮮明な映像が得られます。したがって、後ろに独立したリアカメラがあったほうがより望ましいけれど、360度カメラだけであっても、ほとんどのケースで有効な録画映像が得られます。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダーのリアカメラ設置|赤い線は?:結論を言うと、バックランプの+端子につなげます。赤い線をバックランプと接続するとどうなるかと言うと、ギアをバックに入れると、ドライブレコーダーのモニターにリアカメラの映像が映し出されるようになり、車をバックさせるときに役立ちます。

⇒⇒(広告)あなたの愛車は今いくら?:車を乗り替える際に今まで乗っていた車をディーラーなどで下取りに出すとあまりいい金額の査定にならないと思います。こういう時は車買取店の方が査定額が高くなるのが普通です。しかも1社で査定してもらうのでなく複数社で査定してもらって一番高いところに売却する。これだけで下取りと数万円の差額が出るはずです。

⇒⇒リア|ドライブレコーダー|リアの位置は?:実は、リアに関しては特に制約はありません。車検の保安基準でもルールはなくて、どこにカメラを付けても問題ありません。フロントガラスに取り付ける場合は、ガラスの上端から20%の範囲内、という規則がありますが、リアにはそれがありません。

⇒⇒ドライブレコーダーは前だけ?:ドライブレコーダーを車に設置した場合で、カメラを前に1台だけ取り付ければ、それで大丈夫かと言うと、7割の交通トラブルには大丈夫だけれど、3割の交通トラブルには対応できないと思います。前方1台のカメラだけでも、付けてない場合に比べていざというときに役に立つ可能性は非常に高いと思います。

⇒⇒ドライブレコーダー|前後・前だけ・駐車監視:ドライブレコーダー本体費用と工賃を合わせた総額で、安い順に並べると以下のようになると思います。「本体はアマゾンなどの通販ショップで購入し、自分で取り付ける」「本体はカー用品店で購入し、カー用品店で取り付けてもらう」「本体はディーラーで購入し、ディーラーで取り付けてもらう」

⇒⇒ドライブレコーダー|リアは禁止?:ドライブレコーダーで車の後方をはじめとして周囲の映像を記録すること自体は違法ではないものの、その映像を他人に迷惑をかける形で公開する行為に対しては、内容によるものの、原則として違法行為となります。

⇒⇒ドライブレコーダー|前後カメラで駐車監視:前に1つだけのカメラに比べて、前後にカメラがあるのですから、駐車監視機能はより有効に働きます。確かに、横方向にやや死角は出てしまいますが、最近のカメラはより広角に映せるようになっているので、前後にカメラがあれば死角を減らすことができます。したがって、前後にカメラの付いたドライブレコーダーの駐車監視は、かなり有効性が高いと思います。

⇒⇒ドライブレコーダー|360度カメラ:360度カメラは、駐車監視にも威力を発揮します。当て逃げや車上荒らしなど、どの方向から被害を受けるかわからないからです。では、万能にも思える360度カメラにデメリットあるいは弱点はないのでしょうか?実は、後方の視界に弱点があります。

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視を後付け:すでにドライブレコーダーを設置して使用しているけれど、今の装置には駐車監視機能がついてない。この駐車監視機能を後付けで設置できるのか、これがこのページのテーマです。結論を言うと、できます。ただし、2つのケースが考えられます。

⇒⇒ドライブレコーダー|動体検知と360度カメラで万全?:衝撃検知機能では、車がぶつかったり、人が車を揺らしたりすれば、これをセンサーが検知して録画を開始するのですが、衝撃の度合いが小さい場合にはセンサーが反応せず、何も映像が記録されないこともあります。たとえば、ドアパンチです。

⇒⇒ドライブレコーダー|取り付け位置|フロント・リア:現在ドライブレコーダーの取り付けは義務付けられてはいませんから、ドライブレコーダーそのものの車検基準は存在しません。ただし、取り付けてある場合は運転視界を妨げない位置にあるかどうかが車検基準と関係してきます。フロントガラスのしかるべき位置に取り付けしないと車検に通りません。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。