ディーゼル車とガソリン車の違い・比較|環境性能・燃費|ハイブリッドがライバル?

ディーゼル車・ガソリン車・ハイブリッド車・違い・メリット・デメリット・燃費・価格・比較・見分け方・環境

長距離ならディーゼル、街乗りならガソリン、とよく言われます。

実際のところはどうなのでしょう?

また、環境性能や燃費の違いも気になるところです。

あるいは、ディーゼル車の本当のライバルはハイブリッド車だとも言われます。

この辺の比較も興味あるところです。

ディーゼル車とは

軽油を燃料にしたエンジンで走る車をディーゼル車といいます。ディーゼル車にはガソリン車のような点火プラグがありません。ピストンによって圧縮加熱した空気に液体燃料を噴射することで着火させる圧縮着火方式です。

ガソリン車には点火回りにプラグ、ディストリビューター、イグニッションコイルといったパーツが必須ですが、ディーゼルには不要です。

このことは、車が古くなっても故障する箇所が少ないことを意味していて、実際、10年10万キロを超えてからの比較でいうと、ディーゼル車がガソリン車より故障率が低いことで知られています。

以前はディーゼル車の欠点・弱点と見なされていた環境性能も、いまではマツダのクリーンディーゼルを始めとして、ガソリン車と同等の性能です。

ガソリン車とは

ガソリンを燃料にしたエンジンで走る車をガソリン車といいます。

値段

同じ車種でガソリン仕様とディーゼル仕様を比較すると、ディーゼル車の方が1割~2割値段が高くなります。

ディーゼル車とガソリン車の違い・比較

一般的に、ガソリン車はゴー&ストップの多い街乗りに適しています。発進加速に優れていて、音や振動も比較的小さいです。

ディーゼル車は長距離移動に向いていると言われます。力強く、燃費もいいです。発進加速は、文字通り発進直後の加速はややゆったりしているものの、それを過ぎると太いトルクで引っ張っていくので、必ずしもガソリン車に劣るものではありません。

ただし、ディーゼル車の音や振動は大きめです。とはいえ最近の車は遮音性が高いので、アイドリング時など車の外にいると明確にディーゼル車とわかりますが、車内にいる限りほぼガソリン車と区別できません。

(燃費性能)

ディーゼル車のほうが燃費がいい車が多いです。もっとも、最近のガソリン車の燃費性能も上がってきているので、価格の高いディーゼル車がガソリン車との差額を燃費性能で埋め合わせするには8年とか10年かかるでしょう。逆に言うと、何年も乗る場合、長距離を乗る場合は、ディーゼル車を選ぶ価値は大いにあります。

(環境性能)

PM(マイクロメートル単位の微粒子)やNOx(窒素酸化物)の排出が問題になっていたディーゼルエンジンですが、いまではこうした問題点を技術力でクリアーしています。

ディーゼル車の真のライバルはハイブリッド車

今ではディーゼルVSガソリンではなく、ディーゼルVSハイブリッドです。

値段も、それぞれガソリン車より割高ですし、燃費性能もガソリン車より上です。

自動車雑誌でも時々様々な車種のディーゼル車とハイブリッド車の比較記事を掲載していますが、どれもいい勝負です。

少なくとも燃費性能に関してはどちらを選んでも後悔することはないはずです。

したがって、ディーゼルとハイブリッドのどちらにするかは、走行感覚の好みの問題が大きいと思います。

街乗りした場合の感じ、高速道路を延々と走り続けた場合の感じ、こうした違いで選ぶべきでしょう。

ハイブリッドにはハイブリッドにしかない独自の走行感覚がありますが、それはディーゼル車にも言えることで、ごく普通に高速道路を定速走行しているときのディーゼルエンジンの音と振動は、まさに内燃機関の真髄と言えるもので、他のものには代えがたい快感です。※だいぶ主観が入っていますが・・・

また、すでに書きましたが、プラグを始めとした燃料点火装置類が不要なディーゼルエンジンは、機構が単純な分だけ故障が少なく、耐久性に優れています。

このことは新車登録から15年とか20年経過したトラックなどが当たり前のようにそのへんを走っている姿が証明していることです。

燃費不正問題でケチが付いたディーゼルエンジンですが、実は魅力たっぷりのメカニズムであり、自動車業界が全般的に電動化に向かっている今の時期だからこそ、積極的に選択する価値があるのではないかと思います。

(わたしはクリーンディーゼルで奮闘しているマツダの回し者ではありませんが、そのへんをディーゼル車が走っていると嬉しくなる性格で、どうしても肩入れしてしまいます。わたし自身はディーゼル車に乗っていませんが、そういうこととは関係なく、ディーゼルエンジンのファンです)

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。