新型BRZ大解析:「欠点ポイント」を検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



新型BRZ大解析:「欠点ポイント」を検証!

スバル新型BRZ(2代目:2021年7月29日~):Wikipedia

新型BRZに関する深い分析を行い、その魅力と課題を明らかにします。この記事では、新型BRZのパフォーマンス、安全性、快適性、維持費といった様々な側面を詳細に検証し、否定的なレビューと肯定的なレビューの両方を取り上げます。

パフォーマンスとドライビング体験、安全性とテクノロジー、快適性、維持費の4つのカテゴリーで否定的な意見を分析し、外観とデザイン、パフォーマンスと運転感覚、実用性、価格とコストパフォーマンス、特定の環境での性能という5つのカテゴリーで肯定的な意見を分析します。

この車に関する多角的な視点を提供し、読者のみなさんが新型BRZの全体像を理解する手助けをしたいと思います。

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは『新型BRZ大解析:「欠点ポイント」を検証!』です。

検証するには材料が必要です。

まず、新型BRZに関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • 燃費や維持費が高い
  • 乗り降りがしづらい、特に隣に車が停まっているとき
  • 加速感やキビキビ感は軽量ターボ車に劣る
  • スポーツカーとしての特性上、街乗りには不向き
  • 車が大きく、重いと感じる

 

  • ショートストロークエンジンによる燃費の悪化
  • WLTCモード燃費が初代の12.6L/kmから12.0km/Lに悪化

 

  • TRC、VSCの完全オフの仕方がややこしい
  • 純正状態で限界走行するとトルセンデフが不満
  • やや離れ気味のギア比
  • 後方視界が良くない
  • ハイテク装備(安全装備など)が殆どない
  • 自動ブレーキ、ACC等の運転支援システムが無いこと
  • 上位モデル標準の6スピーカーオーディオのサウンドが良くない
  • ウェザーストリップが弱い(ヘタリが早い)
  • 電動パワステのせいかステアリングインフォメーションに乏しい
  • ハンドルの戻りが凄く悪い(特に目一杯切った時)
  • エンジンはパワー、サウンド、レスポンス共にファミリーカーレベル
  • 内装全般的に質感に欠ける
  • 低速時の加速が鈍い

 

  • トラクションコントロールがオンの状態では、後輪がわずかに空転しただけでエンジンがパワーを絞り込んでしまい、前に進めなくなることがある。
  • 雪道での走行時、深いザク雪での抵抗が大きく、トラクションコントロールがオンの状態では進行が困難になることがある。
  • トラクションコントロールの制御が駆動輪の空転抑制を主としており、ドライバーが求める最低限の車速や動きを二の次にしているため、不便を感じる場合がある。

 

  • BRZは、サーキットのメインストレートからフルブレーキをかけた際や、左右に連続するS字カーブをアクセルのオンとオフをコントロールしながらステアリングをクイックに切り返す際に、ステアリング操作をアシストする制御機能がミスマッチを生じ、急激に「重ステ」症状を起こすことがある。
  • ステアリング操作が突然効かなくなることがあり、これはTOYOTA GR86にはない、SUBARU BRZの死角である。この問題は、国内屈指のプロドライバーが、サーキットという環境で、ワンメイクレースに使用される超ハイグリップなタイヤを使用して、タイムアタックをした場合に特に顕著になる1

 

  • 冷間始動時のエンジン音がかなり大きい
  • 接地感が乏しいハンドリング
  • AT車での急加速のレスポンスが遅い
  • スポーツカーらしいゴツゴツした乗り心地で、旧型同様に路面からの突き上げもしっかり伝えてくる
  • 静粛性ではロードノイスもしっかり拾い、雨が降ったときのルーフの雨音も賑やか
  • 乗り心地と静粛性では旧型と比較して大きく変わったという印象はあまり感じない
  • 快適性ではスイフトスポーツGRヤリスに少し劣っていると感じる
  • 要となるリアタイヤのトラクションで少し物足りなさを感じる
  • フロント周りで、重心の低さはあまり実感できない
  • AT車のアクセル操作に対するレスポンスが、スポーツカーにしてはタイムラグが大きい

 

  • インテリアの高級感が不足しており、あまり満足感が得られない。
  • 後席の座席スペースが狭く、大人3人が座るには狭すぎる。
  • 低い車高のため、乗り降りが不便であると感じる人もいる。
  • ACC(アダプティブクルーズコントロール)の動作が遅く、高速道路の渋滞時に不便。
  • 燃費は一般道では平均的で、高速道路での燃費が前車と比べて悪化した。
  • 任意保険の費用が高い。

 

  • インテリアデザインは駄目で、センスが全くない。特にナビが後付けなのがダサいと感じる。
  • 車内の乗り心地は快適とは言えず、長距離走行は疲れるかもしれない。後席は非常時以外は使い物にならない。
  • ハンドリングはシャープではあるが、もう少しキビキビ感が欲しいと思う。
  • 燃費はあまり良くなく、特に街乗りでは10km/Lを超えるのが難しい。ハイオク仕様で経済的ではない。
  • インテリアが中途半端で、もう少し手の込んだデザインであれば良かったと感じる。

 

  • 乗り心地は硬いため、長距離ドライブには向かないと感じる人もいる。
  • ブレーキが甘く、氷上などで頼りなさを感じる場面がある。
  • エンジン音が抑えられているため、スポーツカーらしいエキサイティングな音が欠けるとの意見もある。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもすべての指摘がファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見は新型BRZに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

「欠点ポイント」を分類し解析しました

新型BRZに関する上記の否定的・ネガティブなレビューを基に、「欠点ポイント」を検証します。

パフォーマンスとドライビング体験

レビューでは、新型BRZがターボ車に比べて加速感やキビキビ感に欠けるといった意見がある。また、ショートストロークエンジンによる燃費の悪化、トラクションコントロールやステアリング関連の問題点が指摘されている。重心の低さを実感できない、ハンドルの戻りが悪い、エンジンパワーがファミリーカーレベルであるとの意見も見られる。

安全性とテクノロジー

安全性に関連するレビューでは、自動ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどの運転支援システムの欠如や、それに伴う不便さが挙げられている。また、ナビゲーションシステムが後付けのように見えるというデザインの問題も指摘されている。

快適性

新型BRZの乗り心地は、ゴツゴツした感じで路面の突き上げを伝えるとされ、静粛性についてもロードノイスや雨音が賑やかであるという意見がある。また、インテリアデザインや質感に対する満足感の不足、後席の狭さ、低い車高による乗り降りの不便さが述べられている。

維持費

燃費の面では、特に高速道路での燃費が悪化したとの意見がある。さらに、任意保険の費用が高いという指摘もある。

 

これらの意見は新型BRZに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

なお、これらの意見はあくまでも他人の評価に過ぎません。車は、自分で見て・触って・乗ってみて初めて「自分はどう感じるか」がわかる商品です。

そういう意味で、新車でも中古車でも、現物をよく観察し、試乗し、身体で感じ取ってから購入の是非をご判断いただきたいと思います。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、新型BRZに関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • 外見が文句なしにかっこいい
  • スポーツカーらしいコクピットデザイン
  • メーター周りやサイドブレーキの位置が良い
  • ハンドリングが良い。一度は体験する価値がある

 

  • 低速から高速まで約20%向上したトルク特性
  • トルクの落ち込みがなく、扱いやすくリニアな加速
  • レブリミット回転7500rpmで、高回転までスムーズに回る
  • エンジン全幅をキープしつつ、エンジン重量を同等以下に抑えた設計

 

  • FR・低重心による気持ちいいハンドリング
  • 適度な出力で全開率が高い走行が出来る
  • 4名乗車でも綺麗なスタイリング
  • FR×MTでハンドリングは素直で、パワーもちょうどよく運転が楽しい
  • 意外と荷物も積め、後部座席も小柄な人なら十分に乗れる
  • 水平対向エンジンの特徴を生かした低重心さを感じられるドライブフィール
  • 普段乗りで11~12km/ℓ、郊外や高速道路だと15km/ℓ近くまで伸びる燃費
  • 4人何とか乗れて、リヤシートを倒すとロードバイクも車内に積載可能など、思いのほか実用性も高い
  • 気持ちのいいエンジンの吹け上がりとサウンド
  • 低いノーズとリヤフェンダーが張り出したクーペらしい美しいスタイリング

 

  • 新型BRZは、特に雪道での安定感とコントロール性が高く、期待以上の性能を発揮する。
  • スロットルワークの容易さや、低ミュー状態でのアクセルペダルの操作に対する過剰感がなく、安心感が大きい。
  • VDC(Vehicle Dynamics Control)をオフにすると、トラクション性能の高さが活き、直進安定性と舵の効きが確保される。
  • 雪道での舵の応答感が適度で、コーナーが迫っても恐怖を感じない。
  • リアの安定性とコントロール性が高く、雪道でも高いペースでの走行が可能。

 

  • BRZは4000rpmぐらいまでの吹け上がりがとても上質であると感じられる。
  • 初代から比べれば圧倒的に高トルクを感じ、特に1速から3速まで驚くほど気持ちのよい加速がある。
  • 高速道路のサービスエリアから本線へ合流するまでのFRスポーツカーらしい加速を感じることができ、法定速度での巡航域までいくと、GR86もBRZも一気に落ち着いた感じの上質なスポーツカーとしておさまる。

 

  • 楽しいコーナリングと高い直進安定性と天井知らずのエンジンパワー
  • スタイルで犠牲になっていない良好な視界
  • シートやステアリングを通じてわかるボディー剛性の高さ
  • 雑味のない素直なハンドリング
  • 旋回中からのアクセルオンでリアタイヤから前へ押し出そうとする感覚が楽しめる
  • 目標速度への到達スピードも速い

 

  • コンパクトな車体が小さな駐車スペースに収めやすく、都市での使用に適している。
  • 低速トルクが豊富で、高回転までスムーズに回るエンジン性能が評価されている。
  • 軽量で低重心の車両がコーナリングを楽しませ、運転が楽しいと感じる人が多い。
  • オプションの9インチサイバーナビがCDを取り込める点が珍しく、便利とされている。
  • 駐車が簡単で、機械式駐車場にも楽に入る。
  • 高速道路での走行中にテレビを視聴できる機能が評価されている。

 

  • エクステリアデザインは大人なスポーツカーとして評価され、実物を見ると陰影ある造形が魅力的である。
  • エンジン性能は2.4Lエンジンでトルクが豊富で、坂道発進時にパワフルである。
  • 走行性能はハンドリングがシャープで、曲がるのが楽しく、ブレーキも効きが良いと感じる。
  • 価格帯が魅力的で、このスタイリングで400万円以下の価格設定は評価される。
  • 新車の今でも乗ってて楽しいと感じ、他のクルマに乗り換えても物足りなくなりそうだという評価がある。
  • 新型BRZ(GR86)はスポーツカーの楽しみを味わえる希少なモデルで、スバルとトヨタに感謝の気持ちを持つ人が多い。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらの意見は新型BRZに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

上記の肯定的・ポジティブなレビューの分析結果

新型BRZに関する上記の肯定的・ポジティブなレビューを分類・分析し、新型BRZの魅力を抽出します。

外観とデザイン

  • エクステリア: BRZは大人のスポーツカーとして評価されており、陰影ある造形が特に魅力的であるといった意見がある。
  • インテリア: スポーツカーらしいコクピットデザイン、メーター周りやサイドブレーキの位置が良いとされている。

パフォーマンスと運転感覚

  • エンジン性能: 2.4Lエンジンはトルクフルで、低速から高速までリニアな加速が可能であると評されている。特に7500rpmまでスムーズに回るエンジンは、高トルクとパワフルな走りを提供する。
  • ハンドリング: FR・低重心による快適なハンドリングが評価されており、コーナリングや直進安定性に優れているとの意見がある。

実用性

  • 乗車定員と荷室: 4人が乗車可能で、後部座席は小柄な人なら十分に乗れる。リアシートを倒せばロードバイクも積載可能で、意外と高い実用性があるとされている。
  • 燃費: 普段乗りでは11~12km/ℓ、郊外や高速では15km/ℓ近くまで伸びるといった報告がある。

価格とコストパフォーマンス

  • このスタイリングとパフォーマンスで400万円以下の価格設定( 330~381万円)は魅力的とされており、価格帯に対する満足度が高いとの意見がある。

特定の環境での性能

  • 雪道でのパフォーマンス: 新型BRZは雪道での安定感とコントロール性に優れており、VDC(Vehicle Dynamics Control)をオフにすることで直進安定性と舵の効きが確保されるとの意見がある。

 

これら抽出ポイントを参考に、クルマ選びの参考にしていただきたいと思います。

まとめ

『新型BRZ大解析:「欠点ポイント」を検証!』のテーマで解説してきました。

新型BRZについての詳細な分析を通じて、この車の多面的な特性を明らかにしました。パフォーマンス、安全性、快適性、維持費といった否定的な側面から、外観、運転感覚、実用性、価格、特定の環境での性能に至るまで、肯定的な側面も深く掘り下げました。

この記事が、新型BRZの購入を検討している方々にとって有益な情報源となることを願っています。ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日
  1. SUBARU BRZの死角[]