ヤマハXSR700大解析:「ロングツーリング向きのバイクか」を検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



こちらの記事も読まれています

ヤマハXSR700大解析:「ロングツーリング向きのバイクか」を検証!

ヤマハ・XSR700:YAMAHA

バイク愛好家の皆さん、こんにちは。今回は、ヤマハXSR700に焦点を当て、ロングツーリングに適しているかどうかを深掘りしていきます。

ガソリンタンクの容量や燃費、万能性、乗り心地、ハンドリング、エンジンのフィーリング、そしてシートの快適性など、長時間のドライブに必要な要素を一つ一つ検証していきます。

XSR700がどのようにライダーのニーズに応えるのか、どのような点に改善の余地があるのかを探ります。

「ロングツーリング向きか」を大調査

この記事のテーマは『ヤマハXSR700大解析:「ロングツーリング向きのバイクか」を検証!』です。

XSR700がロングツーリングに適しているか、ネットから様々な声/レビューを集めてきました。皆様のバイク選びの参考になさってください。


数日間にわたるロングツーリングに向いているのだろうか、と思っていたのですが、まったくの杞憂で、逆にどこまでも走って行ける、という気分になっていた。唯一、ガソリンタンクが13Lで、今回のツーリングでは平均して25km/Lだったので、計算上では300kmは走れそうだったのだが、だいたい250kmを越えるぐらいでの給油を心がけていた。もう、あと2Lぐらい容量が多いと良いかなとは個人的に感じた1

 

XSR700は東北6県の山岳路・シーサイド・高原ワインディング・市街地・高速道路、すべての状況で過不足なくその能力を発揮した。ヤマハの公式サイトでは、XSR700のキャッチコピーに「『街を楽しむ』が、僕たちのスタイルです。」とあるが、その文言にもう一言、追加したい。XSR700は「旅も楽しい」と2

ノンカウルで2気筒のこのバイク、高速道路を使った長距離ツーリングはどんなものかと思っていましたが、意外にもそれほど疲れない。軽さと乗車姿勢のおかげなのか・・・むしろ楽に感じました。風はそれなりに受けるがスクリーンを装着すればほどよく風が流れていきます・・・ほどよいスピードで流すのが楽しいと感じるので、そもそも風は気にする必要がないのかも知れません3

 

エンジンのフィーリングは何と言うべきかツブツブ感があり、イメージでは点線・・・・の様な爆発イメージです。XSR700だと細い道も楽なポジションや軽い車体、適度なパワーで走りやすいです。サスは峠では物足りないけど、ツーリングではこのくらいが楽でいいかもしれないです。走りとはトレードオフですね4

 

MT-07から改善されているかと期待していたが、相変わらずシートのクッションが薄く、1時間半も乗車すれば尻が痛くなるため、ゲルザブを装着し対応したいところだが、そうするとデザイン的に不格好となってしまうのが難点である5

 

とにかく曲がりたがる性格で、キーを捻るたびに峠に行きたくなるMT07と比較すると、XSR700はスペシャルティらしく、もうすこし余裕ある2輪生活が送ることができそうだ。スポーティなハンドリングマシンの一面は残すものの、これなら周りの景色を眺めながらのロングツーリングも楽しかろう6

*******************

以上のような意見が見られます。これらの声はヤマハXSR700に関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

「ロングツーリング向きのバイクか」を解析

ヤマハXSR700に関する上記の意見を基に、「ロングツーリング向きのバイクか」を分析します。

ガソリンタンクと燃費

  • XSR700のガソリンタンクは13Lであり、平均燃費は25km/Lとされている。これに基づくと、理論上は約325km走行可能だが、安全を考慮して250kmごとに給油しているとの声が。もうちょっとタンク容量が大きければより安心してロングツーリングができるという意見がある。

万能性

  • XSR700は、山岳路、シーサイド、高原ワインディング、市街地、高速道路など、様々な環境でその性能を発揮する。街乗りだけでなく、旅にも適しているという評価がある。

乗り心地とハンドリング

  • このバイクはノンカウルで2気筒を搭載しており、高速道路での長距離ツーリングでも疲れにくい。軽さと乗車姿勢が快適性に寄与しているとされ、風の影響もスクリーン装着により軽減される。

エンジンフィーリング

  • エンジンは「ツブツブ感」があり、細い道での走行も楽であるという。サスペンションは峠で物足りなさを感じることがあるが、ツーリングには適しているとの意見がある。

シートの快適性

  • 一部の意見として、シートのクッションが薄く、長時間の乗車で尻が痛くなるという問題が指摘されている。ゲルザブの装着による対応が可能だが、デザインが損なわれる可能性がある。

ハンドリングとスペシャルティ

  • XSR700は余裕のある2輪生活を提供する。MT07と比較しても、よりリラックスしたロングツーリングが可能であると評されている。

**************

これらの意見はヤマハXSR700に関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

なお、これらの意見はあくまでも他人の評価に過ぎません。バイクは、自分で見て・触って・乗ってみて初めて「自分はどう感じるか」がわかる商品です。

そういう意味で、新車でも中古車でも、現物をよく観察し、試乗し、身体で感じ取ってから購入の是非をご判断いただきたいと思います。

まとめ

『ヤマハXSR700大解析:「ロングツーリング向きのバイクか」を検証!』のテーマで解説してきました。

ヤマハXSR700について、ロングツーリングの観点から詳細に分析してきました。ガソリンタンクの容量や燃費から始まり、バイクの万能性、乗り心地、ハンドリング、エンジンのフィーリング、そしてシートの快適性に至るまで、多角的に検討しました。

これらの要素は、長距離を快適に、そして楽しく走破するために重要な役割を果たします。XSR700は、これらの要件を満たすポテンシャルを持ち合わせていることがわかりましたが、ライダーの個々の好みやニーズに応じて、さらなるカスタマイズが望まれる場合もあるでしょう。

最終的に、どのバイクを選ぶかは、ライダー自身のライフスタイルや求める走りに大きく依存します。ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています

  1. https://www.touring.mapple.net/article/421/[]
  2. https://www.autoby.jp/_ct/17290340[]
  3. https://complete-lumbers.com/xsr700_packing/[]
  4. http://nururiderbru1090.seesaa.net/article/477342547.html[]
  5. https://blog.goo.ne.jp/ty34175/e/c008067d3710c376422351147ba69fa6[]
  6. https://www.gqjapan.jp/cars/article/20200526-yamaha-xsr700[]