スカイライン400R大解析:「遅い?速い?」を検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



スカイライン400R大解析:「遅い?速い?」を検証!

日産スカイライン400R(Wikipedia

スカイライン400Rは、日産の伝統あるスポーツカーブランド「スカイライン」の最新モデルです。この記事では、スカイライン400Rの性能を徹底解析し、その速さについて検証します。

足回りの性能からエンジン性能、燃費性能に至るまで、多角的に評価し、他の車種との比較も行います。0-100km/h加速時間、馬力とトルク、リミッター解除の可能性など、スカイライン400Rの魅力を深堀りしていきます。

価格と速さの関係、爆発的な加速、エンジンレスポンスなど、スカイライン400Rの全てを明らかにします。

スカイライン400Rの性能

  • 馬力: 405PS/6400rpm
  • トルク: 48.4kgf・m/1600-5200rpm
  • 排気量: 2,997CC

スカイライン400Rは、スカイライン史上初の400馬力オーバーのエンジンパワーを持ち、V6 TURBOモデルをベースにしています。このモデルは、専用チューニングにより100馬力のパワーアップを実現しており、国産車で400馬力を超える数少ない車の一つです。

足回り性能

スカイライン400Rの足回り性能は、IDS(インテリジェントダイナミックサスペンション)により支えられています。このシステムは、車の挙動に対して1/100秒の素早さで4輪それぞれの減衰力を緻密に制御し、ドライバーと一体になった走行を可能にします。

また、ドライブモードを「スタンダード」、「SPORT」、「SPORT+」から選択することで、エンジン、トランスミッション、ステアリング、サスペンションを一括制御し、各走行シーンに最適のバランスを提供します。

「遅い?速い?」:速度に関するレビューをご紹介

この記事のテーマは『スカイライン400R大解析:「遅い?速い?」を検証!』です。

検証するには材料が必要です。

スカイライン400Rのスピードに関するレビュー等をネットから搔き集めました。まずその内容をご覧ください。次の章でレビュー内容を分析します。


  1. 0-100km/h加速時間: スカイライン400Rの0-100km/h加速は、YouTubeの加速動画によると約4.8秒であるとの回答があります。また、別のユーザーは参考値として5.2秒と答えています。
  2. 比較車種との関係: 一部のユーザーは、スカイライン400RがアウディRS3セダンと同じ400馬力であるにも関わらず、加速性能でRS3に劣ると指摘しています。これは、RS3がより軽量で高性能な材料を使用しているためと説明されています。
  3. 性能に対する評価: スカイライン400Rは、コストを抑えつつ速い車を目指したコンセプトで作られているため、同じ出力のRS3よりも遅いとの意見があります。また、400馬力の大型トラックやランドクルーザーが遅いのと同じ理由で、馬力だけでは速さを判断できないという意見もあります。

 

  1. 加速力: スカイライン400Rは最高出力405psを誇り、その加速力は素晴らしいと評されています。GPSロガーを使用した実速度ベースの0-100km/h加速タイムは4.8秒と記録されており、これは400ps級の車両としては印象的なタイムです。
  2. エンジン性能: 車に搭載されている「VR30DETT」型3リットルV6ツインターボエンジンは、高効率化を目指した設計であり、回転フィールが軽やかで、レッドゾーンの7000rpm手前までスムーズに回転します。このエンジンは低騒音、低振動であり、緩加速時でも高いエネルギー感を感じさせると評されています。
  3. 燃費性能: スカイライン400Rの燃費は、そのパワーにもかかわらず意外に良好です。実測燃費は市街地で7.5km/リットル、郊外路で8.2km/リットル、高速道路で10.8km/リットルと記録されています。このエンジンはハイパワーでありながら高効率なミラーサイクルを採用しており、パワーを絞り出す際には多くの燃料を消費しますが、それ以外の場面では比較的燃料を少なく済ませる設計となっています。

 

  1. 0-100km/hの加速時間: あるユーザーは、スカイライン400Rの0-100km/h加速が4.6秒台であると述べています。これは、GT-Rの2.7秒と比較して遅いとのことですが、他の車種と比べると速いとも言及されています。
  2. 馬力とトルク: 別のユーザーは、スカイライン400Rが405馬力を発生し、低回転時のトルクが高いことを指摘しています。1600回転で106馬力、3000回転で200馬力を発生するとのことです。

 

  • 400Rは、価格差を考慮すると、特別な速さを感じることは難しいとされています。
  • 他のスカイラインモデルと比較しても、400Rが特別に速いとは言えないとの意見があります。
  • 400Rのリミッターを解除することは合法的に可能であり、これにより速度のポテンシャルが高まる可能性があります1
  • リミッター解除後、400Rは理論上300km/h近くまで出る可能性があるとされています。

 

(ハイブリッドモデルとの比較)

  1. 加速性能: 400Rの加速動画が話題になっており、400馬力のパワーについての評価があります。また、ハイブリッドモデルとの比較もされており、実用域での中間加速はハイブリッドの方が速いとの意見もあります。
  2. 高速性能: 100km/h以上の速度域では、400Rが明らかに速いと感じられるとのコメントがあります。
  3. 燃費と走行感: 400Rの燃費についての言及があり、市街地では6~7km/L、高速道路ではより良い燃費が得られるとのコメントがあります。また、ハイブリッドモデルは走りやすさで優れているとの意見もあります。

 

  1. 爆発的な加速: スカイライン400Rは「冷や汗」をかくほどの爆発的な加速を実現しています。特にアクセルを踏み込んだ際のV6ツインターボエンジンの反応は強烈で、速度オーバーになりやすいほどです。
  2. エンジンレスポンス: 通常走行ではV6ツインターボエンジンの違いをほとんど感じられないほど静かですが、アクセルを踏み込むと一瞬で高鳴り、クルマが強烈に加速します。スポーツモードに切り替えると、エンジンレスポンスがさらに刺激的になります。
  3. 最高出力とトルク: スカイライン400Rは最高出力298kW(405PS)/6400rpm、最大トルク475Nm(48.4kgf・m)/1600-5200rpmを実現しています。歴代スカイラインの中で最高のパフォーマンスを誇るとの声が。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもすべての指摘がファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はスカイライン400Rに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

「遅い?速い?」を分類し解析しました

スカイライン400Rに関する上記のレビューを基に、「遅い?速い?」を検証します。

0-100km/h

  • スカイライン400Rの0-100km/h加速は、約4.6秒から5.2秒の範囲であるといった意見がある。
  • 加速時間に関しては、ユーザーによって異なる見解が存在する。

比較車種との関係

  • スカイライン400RはアウディRS3セダンと同じ400馬力であるが、加速性能ではRS3に劣ると指摘されている。
  • この性能差は、RS3がより軽量で高性能な材料を使用しているためと考えられている。

性能に対する評価

  • スカイライン400Rは、コストパフォーマンスを重視した設計であり、同じ出力のRS3よりも加速が遅いという意見がある。
  • 馬力だけでは速さを判断できないという見解もある。

エンジン性能

  • 「VR30DETT」型3リットルV6ツインターボエンジンは、高効率化を目指した設計であり、スムーズな回転フィールを持つと評されている。
  • このエンジンは低騒音、低振動であり、緩加速時でも高いエネルギー感を感じさせると評されている。

燃費性能

  • スカイライン400Rの燃費は、市街地で7.5km/リットル、郊外路で8.2km/リットル、高速道路で10.8km/リットルとの報告がある。
  • ハイパワーでありながら高効率なミラーサイクルを採用している。

馬力とトルク

  • スカイライン400Rは405馬力を発生し、低回転時のトルクが高いとの意見がある。

比較的な速さ

  • スカイライン400Rは同種の車と比較して十分速いとの見解がある。

身内の比較

  • 他のスカイラインモデルと比較しても、400Rが特別に速いとは言えないとの意見がある。

リミッター解除の可能性

  • 400Rのリミッターを解除することは合法的に可能であり、速度のポテンシャルが高まる可能性がある。
  • リミッター解除後、400Rは理論上300km/h近くまで出る可能性があるとされている。

爆発的な加速

  • スカイライン400Rは爆発的な加速を実現しており、アクセルを踏み込んだ際のV6ツインターボエンジンの反応は強烈であると評されている。

エンジンレスポンス

  • 通常走行では静かだが、アクセルを踏み込むとエンジンレスポンスが一変し、強烈な加速を体験できるとされる。

最高出力とトルク

  • スカイライン400Rは最高出力298kW(405PS)/6400rpm、最大トルク475Nm(48.4kgf・m)/1600-5200rpmを実現しており、歴代スカイラインの中で最高のパフォーマンスを誇るとされる。

 

これらの意見はスカイライン400Rに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

まとめ

『スカイライン400R大解析:「遅い?速い?」を検証!』のテーマで解説してきました。

スカイライン400Rの性能解析を通じて、その速さの秘密を探りました。足回りからエンジン性能、燃費性能に至るまで、スカイライン400Rは多くの面で優れた性能を持っていることがわかりました。

他車種との比較からも、スカイライン400Rの位置付けが明確になりました。価格と速さのバランス、リミッター解除の可能性、爆発的な加速力など、スカイライン400Rは多くのドライバーにとって魅力的な選択肢であることが確認できました。

ご覧いただきありがとうございました。

スカイライン400R大解析:「欠点ポイント」を検証!

2024年1月22日
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています

【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023年12月13日

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023年12月15日

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023年12月16日

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023年12月18日

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023年12月22日
編集後記

2024年1月21日。本日のNHK NEWS WEBに掲載された自動車関連のニュースの中から、特に注目すべきトピックを一つ選びました。それは、「ダイハツ不正 調査報告書から見えた現場『安さと速さ重視』」という記事です。この報道は、自動車業界における品質管理の重要性を強調しています。ダイハツの不正行為は、コスト削減と生産効率の追求が品質管理を犠牲にした結果として発覚しました。この事件は、業界全体にとって重要な警鐘となるでしょう。自動車ファンにとっては、愛車の品質と安全性について改めて考えるきっかけになるかもしれません。NHK NEWS WEB

  1. 乗用車の場合、スピードリミッターと保安基準はまったく関連がないので、リミッターカット自体は完全に合法(大型トラックの90km/hリミッターは、道路運送車両法で装着が義務づけられているので、カットすると違法になる)。WEB CARTOP[]