【6分/詳細解説】フォグランプをつけっぱなしの車は違反でしょ?迷惑です。

フォグランプ・つけっぱなし




フォグランプをつけっぱなしの車は違反でしょ?迷惑です。

最近、濃霧でもなければ大雨でもなく、ごく普通の夜の道路なのに、常時フォグランプをつけっぱなしの車が目につきます。

本当に迷惑千万、困ったものだと思います。困るだけでなく、危険です。対向車にとっては視界の妨げになります。

本来悪天候時に使用すべきフォグランプなのに、どうして年がら年中つけっぱなしにしているのでしょう。

まず、フォグランプの点灯方法について、法律とマナーをからめた要点をまとめてみました。

  1. フォグランプを単独で点灯させるのはNG※法的にダメです
  2. フォグランプを点灯する時は常に(下向きの)ヘッドライトと同時に点灯させなければならない※フォグランプ単独はダメ。常にヘッドライトと同時点灯
  3. フォグランプとスモールランプを同時に点灯させるのはNG※同時に(下向きの)ヘッドライトを点灯していればOKだが、フォグとスモールだけで点灯させるのはNGということ。必ず(下向きの)ヘッドライトと同時でなければならない
  4. フォグランプと(下向きの)ヘッドライトを同時に点灯させるのはOKだが、悪天候でない状況では対向車のドライバーの視界を妨げるのでやってはいけない※法的にはOKだがマナーとしてNGということ

ということになります。

つまり、ごく普通の夜間走行でヘッドライトと同時にフォグランプをつけて走行している車は、法的には問題ないが、運転マナーとしては問題があるということになります。迷惑です。やめてほしいと思います。そうですよね。

よくあるトンデモナイ事例として、大型SUVなどに後付けで巨大なフォグランプをつけている車があって、常時淡黄色のフォグランプをつけっぱなしでいる場合に、そんな車が対向車として向こうからやってくると、実際のところ前が全く見えなくなる現象が発生します。

単に迷惑だというのではなく、積極的に非難すべき対象だとわたしは思います。とんでもないならず者行為だと断定できます。

自分のことしか考えていないドライバーなのでしょう。

もしもこの車がフォグランプとスモールランプのみの点灯状況であれば、マナー違反であるだけでなく法的にもアウトです。

しかし、ヘッドライトと同時にフォグランプを点灯している場合は、法的には問題ありません。

でも、違法ではないけれど、とんでもない迷惑行為です。身に覚えのある方はどうかおやめください。

(※)誤解のないように付け加えておきますが、わたしは大型SUVは大好きです。そういう車にダメ出ししているのではなく、マナー違反のドライバーさんにやめるよう訴えているのです。

リヤフォグランプのつけっぱなし問題

フォグランプはフロントについているのが一般的ですが、リヤにもついている車種があります。たいてい左右のいずれかに1つついていて、コンビネーションランプの中に埋め込まれているので、外見上はわからないことがほとんどです。

輸入車に装着されていることが多かったのですが、近年は国産車でも4WD車を中心に数多くの車種に採用されています。

リヤフォグランプは濃霧が立ち込めた道路などでは絶大な効果を発揮します。通常のテールランプより強い光を発するので、後続車からしっかり視認でき、追突防止に役立ちます。

しかし、この「通常のテールランプより強い光」であるからこそ、いざ通常の天候時につけっぱなしにされると、今度はこの上ないはた迷惑な行為になってしまうのです。

対向車のフォグランプがまぶしいという場合は、まぶしいのは瞬間的なことで、すれ違ってしまえば問題は解決されます。

しかし、前方を走る車がリヤフォグランプをつけっぱなしの場合、それが通常の天候下のことであれば、後続車のドライバーは常時まぶしすぎるリヤフォグランプに悩まされ続けることになります。

単に消し忘れだろうと思う反面、いつまでも消灯してくれないとこちらを煽っているのかと思い始めることもあります。

また、どうやってつけっぱなしであることを前方のドライバーに伝えればいいのか、方法にも悩みます。パッシングしたら、逆にこちらが煽っていると思われてしまいます。クラクションでも同様です。

そんなふうに悶々としているうちに、やがてイラ立ちが爆発します。キレちゃうわけです。

こうしてリヤフォグランプのつけっぱなしをめぐって各地でトラブルが発生しているのです。いちいち報道はされませんが怒号が飛び交ったりしているのです。

どうかリヤフォグランプを装着している車のオーナーさんは、悪天候でもないのにリヤフォグをつけっぱなしにしていないか、その都度確認して車を運転してくださいね。私も気をつけますけれど。

フォグランプ関連の記事
⇒⇒フォグランプがついてない車があるのはなぜ?:フォグランプがついている車とついてない車では車検の際の検査基準が異なります。ついている車の場合、厳密に保安基準に適合しているかどうかが検査されますが、ついてない車の場合は(フォグランプに関する)保安基準はまったく適用されません。
⇒⇒(広告)あなたの愛車は今いくら?:車を乗り替える際に今まで乗っていた車をディーラーなどで下取りに出すとあまりいい金額の査定にならないと思います。こういう時は車買取店の方が査定額が高くなるのが普通です。しかも1社で査定してもらうのでなく複数社で査定してもらって一番高いところに売却する。これだけで下取りと数万円の差額が出るはずです。
⇒⇒フォグランプの使い方|正しい点灯方法を知りたい:フォグランプを単独で点灯させるのはNG※法的にダメです。フォグランプを点灯する時は常に(下向きの)ヘッドライトと同時に点灯させなければならない。フォグランプとスモールランプを同時に点灯させるのはNG※同時に(下向きの)ヘッドライトを点灯していればOKだが、フォグとスモールだけで点灯させるのはNGということ。必ず(下向きの)ヘッドライトと同時でなければならない。
⇒⇒フォグランプを車検の時だけガムテープで覆うのはアリ?:ガムテープでフォグランプをペタペタ貼って隠すことは、車検の検査官によって対応が分かれます。つまりグレーゾーンということです。検査官によっては問題なく合格となることもあれば、ただ隠してあるだけで実際はついているのだから不合格となるケースもあります。
⇒⇒LEDフォグランプ後付けで車検は?イエローLEDバルブは?:フォグランプを後付けする場合、後ほどご案内する車検の保安基準に適合していれば問題なく車検に通ります。その際、使用するバルブをLEDバルブにしても、色の基準等をクリアーしていれば問題なく車検に合格します。そこで、その色ですが、リヤフォグランプは「赤」でなければなりませんが、フロントフォグランプは「白または淡黄色」と規定されています。したがって、イエローのLEDバルブでも車検OKです。
⇒⇒フォグランプの後付けをディーラーでやると費用はいくら?:たとえば、ディーラーでフロント部分に2個のフォグランプを左右対称に取り付ける場合で、フォグランプのグレードも一般的な価格帯のものを使用したとすると、部品代と工賃を合わせた合計で、30,000円~50,000円が相場だと思います。なお、ディーラーの場合は純正のフォグランプ以外は取り付けNGとなるところが多いと思います。
⇒⇒フォグランプの黄色は禁止されていますか?:フォグランプの色に関して、道路運送車両法の保安基準では、フロントのフォグランプの色は「白または淡黄色」、リアのフォグランプは「赤」と規定されています。したがって、黄色のフォグランプは、特別濃度が高いものはダメですが、淡黄色であればOKです。禁止されてはいません。
⇒⇒車検で純正のフォグランプを外したら保安基準に違反しますか?:新車時から付いている純正のフォグランプはどうでしょう?これを付けたまま車検に出せば、もちろん問題なく車検は通りますが、何らかの理由でこの純正フォグランプを取り外したい場合があると思います。その場合、車検は通るのでしょうか?原則として、大丈夫、車検は通ります。
⇒⇒車検でフォグランプを隠すのは保安基準に違反しますか?:これは、検査官によって対応が分かれると思います。実際はクルマに装着してあるのですが、覆いなどで隠すことで、それを「無いものとみなす」検査官と、「この覆いを取ってください。クルマにつけてある以上、ちゃんと機能すれば車検合格、機能しなければ車検不合格ですよ」という検査官と、分かれるのではないかと思います。
⇒⇒バックフォグとは|輸入車などに付いているリヤのフォグランプ:バックフォグは赤色しか認められていないので、実際に車の後部を見ても、どれがバックフォグかわからないと思います。しかし、夜間にバックフォグを点灯すると、ストップランプとほぼ同じ照度で点灯するのですぐにわかります。
⇒⇒フォグランプが紫だと違反?点数は何点?罰金はいくら?:フォグランプが紫だと違反です。違反点数1点、罰金7,000円(普通車)です。フォグランプの色に関しては道路運送車両法の保安基準に定めがあり、フロントのフォグランプは白か淡黄色、リアのフォグランプは赤のみとなっています。したがって、紫や青や緑やオレンジ色のフォグランプを付けていたら、警察に呼び止められ、整備不良として減点1点、罰金7,000円(普通車)が科せられます。
⇒⇒フォグランプが青だと警察に捕まるって本当ですか?:フォグランプが青だと警察に捕まります。道路運送車両法に違反します。道路運送車両法の保安基準第33条(前部霧灯)には、フロントのフォグランプは白か淡黄色でなければならないと書いてあります。道路運送車両法の保安基準第37条(後部霧灯)には、リアのフォグランプは赤でなければならないと書いてあります。

ご覧いただきありがとうございました。