車検 排気量|検査費用一覧|排気量別の法定費用(重量税・自賠責・手数料)+整備費用

車検・排気量・値段・費用・金額・一覧・税金・検査

一般的に、車検にかかる費用は排気量が大きくなるほど金額も増えます。

それは、排気量が大きくなるにつれて車の重量も増え、結果的に自動車重量税が高くなるからです。

また、整備費用に関しても、排気量の大きな車ほど一つ一つの部品代が高くなる傾向にあるからです。

このページでは、みなさんの参考になるように、車検にかかる費用を排気量別に一覧表示しています。

参考になさってください。

車検費用:排気量別一覧

車検にかかる費用の内訳は、「法定費用+整備費用」となります。

このうち「法定費用」とは、自動車重量税・自賠責保険・検査手数料のことで、これらはディーラー車検でも指定整備工場でも、あるいはユーザー車検でも、金額は同一です。

金額に差が出るのは「整備費用」です。車検の検査項目を一つ一つ点検する手数料、不具合があった箇所の部品代と工賃などは、車検を実施する工場により料金が異なります。

そういう意味では、個々の整備工場で見積もりを出してもらわなければ正確な金額は出ないのですが、それではみなさんの参考になりません。そこで、以下の一覧表では、どの工場に車検に出しても「最低限これくらいかかります」という金額を表示しています。

これから車検に出そうという人にとっては、一つの目安になると思います。

車検費用:排気量別一覧(その1)
軽自動車 排気量:1000~1500

車両重量:1t以下

排気量:1000~1500

車両重量:1t超~1.5t以下

自動車重量税 6,600円 16,400円 24,600円
自賠責保険料 25,070円 25,830円 25,830円
印紙代 1,100円 1,100円 1,100円
車検整備費用 20,000円 25,000円 25,000円
車検代行料 5,000円 5,000円 5,000円
合計金額 57,770円~ 73,330円~ 82,530円~
車検費用:排気量別一覧(その2)
排気量:1501~2500

車両重量:1t超~1.5t以下

排気量:1501~2500

車両重量:1.5t超~2t以下

排気量:2500~3500

車両重量:1.5t超~2t以下

自動車重量税 24,600円 32,800円 32,800円
自賠責保険料 25,830円 25,830円 25,830円
印紙代 1,100円 1,100円 1,100円
車検整備費用 25,000円 25,000円 26,000円
車検代行料 5,000円 5,000円 5,000円
合計金額 81,530円~ 89,730円~ 90,730円~

(※)実際の車検費用は上記金額以外に不具合箇所の部品代・交換工賃等がかかります。その際、たとえばワイパーゴムやブレーキパッドを交換した場合など、排気量1、000ccの車より2,000ccの車のほうが部品単価が高くなるのが普通です。そういう意味で、やはり排気量が大きい車のほうが車検費用の総額は高くなる傾向にあります。

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。