【最新】軽自動車の車検期間は何年?必要書類は?納税証明書は必要?

軽自動車・車検・期間・何年・書類・必要書類・納税証明書




軽自動車の車検期間は、乗用タイプだと初回車検が3年目、継続車検が以後2年ごとになります。

貨物タイプになると初回車検が2年目、継続車検が以後2年ごとになります。

車検の際の必要書類は、車検証・納税証明書・印鑑です。

軽自動車の車検期間は何年?

ムーブやワゴンRなどの乗用タイプの車検期間は、

  • 初回車検:3年目
  • 継続車検:2年ごと

となります。

N-vanや軽トラックなどの貨物タイプの車検期間は、

  • 初回車検:2年目
  • 継続車検:2年ごと

となります。

なお、新車から10年経過した場合、以前はそれ以後の車検は1年ごとになっていた時期がありますが、現在はその後もずっと2年ごとの車検です。毎年車検は廃止されています。

車検の必要書類

軽自動車の車検を受ける場合は以下の書類を用意してください。

  1. 車検証
  2. 納税証明書
  3. 印鑑

②の納税証明書ですが、登録車(普通車)の場合は省略できる地域がありますが、軽自動車は全国的に紙の納税証明書が必要です。毎年5月末が納期限になっている納付書で軽自動車税を納めると、納付書と綴りになっている納税証明書に領収印が押されるので、これを提出します。

印鑑は、個人の場合は認印でOKです。法人は代表者印が必要です。

【2021最新】軽自動車の車検|整備費用+法定費用(重量税・自賠責保険料・検査手数料)|平均は?

2020.01.25

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。