車検と定期点検の違い|時期・期間・シール・同時に行う?

車検・定期点検・違い・シール・同時・時期・期間

車検と定期点検は違います。

車検は、乗用車の場合なら、初回車検が3年目、継続車検が以後2年毎にあります。

しかし定期点検は6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月とあります。

法的には車検も定期点検(12ヶ月と24ヶ月)も義務です。

しかし車検には罰則がありますが定期点検にはありません。

その結果、定期点検のお知らせが来ても無視する人が多いのが実態です。

法的には「車検」も「定期点検」も義務です

車検とは?

車検とは正式名を「自動車検査登録制度」と呼びます。

乗用タイプの場合は、新車から3年目が初回車検で、以後は2年毎に行うことになっています。

定期点検とは?

定期点検には「日常点検」「6ヶ月点検」「12ヶ月点検」「24ヶ月点検」があります。

法的には義務化されている

法的な面で見ると、車検と定期点検(12ヶ月点検と24ヶ月点検に限る)は義務化されています。

ただし、車検をやらずにいた場合は罰則(6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金)が課されますが、定期点検をやらずにいても罰則はありません。

実際のところ、みんなどうしていますか?

理想的な車のユーザー

  1. 定期点検の案内ハガキが届く⇒定期点検を行う
  2. 車検の案内が届く⇒車検を行う

これが理想的な車のユーザーです。

いい加減な車のユーザー

  1. 定期点検の案内ハガキが届く⇒無視する
  2. 車検の案内が届く⇒車検を行う

わたしを含めて世のいい加減でズボラなユーザーはこうした対応をしていると思います。でも、法的にはこれで問題ありません。ただし、安全面で言えば、しっかり定期点検を受けていたほうがいいに決まっています。

シールには2種類ある:車検のシールと定期点検のシール

上記説明で「いい加減な車のユーザー」は定期点検のお知らせを無視すると書きました。

しかし、車検を行う際は、24ヶ月点検をしていないと車検を行うことができないことになっています。

そこで、実際には、車検の際に24ヶ月点検を同時に行うのが通例です。

わたしたちはこのことを特に意識していませんが、実際には同時に行われています。

その証拠となるのが、シールです。

車検を行った証拠となるシールは小さくて正方形のシールですが、定期点検のシールは比較的大きくて丸型のシールです。

みなさんもマイカーのフロントガラスを一度ご確認ください。両方のシールが貼られているはずです。

車の定期点検の種類|24ヶ月点検・12ヶ月点検・6ヶ月点検・日常点検|法的義務は?

2020.01.26

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。