ドライブレコーダーの駐車監視は本当に必要かor不要か?

ドライブレコーダー・駐車監視・必要か・不要




ドライブレコーダーの駐車監視は本当に必要かor不要か?

過去に、車を駐車中に何かトラブルがあったり、あるいは、今後トラブルが起きそうな予感がする、といった場合は、ドライブレコーダーの駐車監視は付けておいたほうが安心の機能です。

一方で、トラブルもなかったし、これからあったとしても、すでに車はあちこち傷んでいてそれほど気にすることもないから・・・という方には駐車監視は不要かもしれません。

ドライブレコーダーの駐車監視機能は、これを付けると通常よりお金がかかります。新たに電源用のケーブルを取り付けたり、外部バッテリーを用意したり、何かとお金がかかります。

また、慣れるまではけっこう神経を使います。というのは、衝撃検知にしても動体検知にしても、予想もしなかった要因で作動することがあって(強風とか立体駐車場の揺れなど)、センサーの感度を調節する必要が出てきたりするからです。

なかでも、駐車監視機能で最大のトラブル要因は、電源問題です。

電源問題が最大の問題

ドライブレコーダーの駐車監視は、もしも値段も安くて気を使うところが何もないのであれば、ないよりあったほうがいい機能に決まっています。

しかし、駐車監視は、当たり前の話ですが、エンジンが停止している間に働く機能です。車が動いている間に映像を録画するのであれば、常時バッテリーから電気の供給を受け、バッテリーもオルタネーターによって常時充電されるので、特に問題は起きません。

でもエンジン停止中の録画は、たとえそれほど大きな消費電力でなくても、バッテリーには負荷を掛けます。

では、この電源問題はどうすればいいのか?

まず、ドライブレコーダーに駐車監視機能を付ける場合、電気の供給元は次の3つのやり方があります。

  1. 車のバッテリーに直結して電気の供給を受ける
  2. 外部バッテリー(外付けバッテリー)を購入し、そこから電気の供給を受ける
  3. ドライブレコーダー本体内に内蔵バッテリーを搭載し、そこから電気の供給を受ける

この3つの方法では、①②③の順番に電気の容量は小さくなっていきます。③の内蔵バッテリーは容量が小さいので、駐車監視機能の内の常時録画はちょっと荷が重くなります。衝撃検知や動体検知ならある程度役に立つと思います。

②の外部バッテリーは、容量の大きなリチウムイオンバッテリーを搭載すれば、長時間の常時録画にも対応できます。しかし、値段が高い点がネックです。ドライブレコーダー本体より高いこともあります。

①の車のバッテリーからの電力供給が最も安定しています。ただし、条件があって、まずバッテリーがまだ新しくてへたりがないこと。車を走らせる機会が多く常時バッテリーに十分な充電がなされていること。こういった条件であれば、車のバッテリーを供給源にするのが一番安定的です。

常時録画でなくても監視はできる

ドライブレコーダーで駐車監視する場合、常時録画に設定していると、車が駐車しているあいだはずっと録画し続けます。これだと、どんな電源を使用するにしても、大きな負荷をかけることになります。

しかし、駐車監視には別の方法もあって、それは衝撃検知とか動体検知による監視です。

衝撃検知は、当て逃げとかイタズラによる車の揺れなどをGセンサーが検知すると、検知した瞬間を含めてその前後十数秒を録画する機能です。

動体検知は、車の周囲で人やモノの動きを人感センサー(モーションセンサー)が検知すると、検知した瞬間を含めてその前後十数秒を録画する機能です。

電力消費量が多い常時録画ではなく、衝撃検知や動体検知に設定しておけば、待機電力はかかるものの、常時録画に比べて電力の消費量はかなり節約できます。

とは言え、ドライブレコーダーの駐車監視機能を付けるそもそもの目的が、最近家の周辺に不審者が出没するうわさが絶えないからだ、というケースでは、やはり常時録画でなければ付ける意味がないということになります。

そういう場合は、ドライブレコーダーを取り付けるカー用品店やディーラーのスタッフさんに事情を話し、最適な設置方法のアドバイスを受けてください。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視は人感センサーで検知する?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視は暗い夜間でも役に立つ?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視機能のデメリットは何?

⇒⇒ドライブレコーダー|駐車監視機能はバッテリー上がりを招く?

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視|衝撃検知と動体検知の違い

⇒⇒ドライブレコーダーの駐車監視ではドアパンチを検知する?

⇒⇒ドライブレコーダーで「衝撃を検知しました」のアナウンスが

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。