法定12ヶ月点検|罰則なし|期限/項目/時間|メリット/デメリット|自分でもできる

法廷12ヵ月点検・期限・自分で・項目・時間・メリット・いつからいつまで

法定12ヶ月点検は道路運送車両法第48条(定期点検整備)に定められている法定点検の一つで、法的な義務です。

しかし、点検を行わなかったからといって罰則はありません。

「12ヶ月点検はしましたか?」ともしも警察に訊かれたら、「自分でやりました」と答えればそれでOKです。

要するに、車検のように罰則が伴う点検と異なり、法定12ヶ月点検は「自己責任」の点検ということです。

ちゃんと点検すればより安全なカーライフが送れるし、点検を怠り故障や事故につながれば自分がソンをすることになります。

自分がソンをするだけならいいけれど、事故で第3者にケガをさせるリスクもあるので、そういう意味で、できるだけやったほうがいい点検であることは確かです。

このページでは法定12ヶ月点検について建前を並べ立てることなく、実際のところどうすればいいのかという観点でお話ししていきます。

法的に義務だが罰則はない

ディーラーや車屋さんで車を購入した場合、12ヶ月経過する直前にはがきが送られてくるはずです。

「法定12ヶ月点検の期日が迫っています」

といった内容のはがきです。

法定12ヶ月点検とは、車検や法定24ヶ月点検とともに道路運送車両法第48条(定期点検整備)に定められている定期点検の一つで、法律上は義務です。

義務ですが、罰則はありません。

このように「ゆるい」規定になっているのは、今の車はそう簡単に壊れないからです。

「法律では義務にしてあるけれど、点検するかどうかは、車の調子を見ながら適切に自己判断してくださいね」

といった運用をしているのが現状です。

ちなみに、わたしはこれまで10数台の車を乗り継いできていますが、法定12ヶ月点検をディーラーや修理工場で行ったことは1度もありません。

別に自慢しているのではなく、調子が悪いところがあったらその都度メンテナンスをしているので、必要性を感じないからです。

メンテナンスパックなら無料でできる

新車購入した際にメンテナンスパックなどに加入しておくと、法定12ヵ月点検を無料で受けられるケースが増えています。

期限~いつからいつまで~

法定12ヶ月点検は、前の車検から12ヶ月目に行う点検です。新車なら納車から12ヶ月目です。

ただし、車検の場合は期限を1日でも過ぎると車検切れとなり、公道を走れなくなりますが、法定12ヶ月点検はアバウトです。だいたい12ヶ月前後に行えばOKです。

点検項目

法定12ヶ月点検の点検項目は26項目です。

ちなみに、法定24ヶ月点検は56項目あり、しかも12ヶ月点検の26項目を含む点検なので、もしも法定12ヶ月点検をやらなかった場合でも24ヶ月点検ですべてカバーすることになります。

トヨタのホームページには次のように記載されています。

12ヶ月毎に行う法令で定められた点検・整備です。外から見ることのできない部品を取り外したり、テスターを用いて排気ガスの状態等をチェックするなど、プロによる確実なメンテナンスを実施します。点検の結果、整備が必要となった箇所は、トヨタの確かな技術で整備いたします。

自分でもできる

法定12ヶ月点検は自分でもできます。

「自分でもできる」ということの意味は、車検のように点検を行ったことを書面で証明する必要がないという意味です。

時間

法定12ヶ月点検をディーラーや整備工場などの業者さんに依頼した場合の正味の所要時間は2時間から3時間程度です。

前後の説明などを含めると、半日仕事です。

法定12ヶ月点検をしておかないと故障の際のメーカー保証が受けられない?

故障した場合にメーカー保証が受けられる条件として、法定12ヶ月点検を定期的に行っていることが謳われていることはあると思います。

けれども、実際にその言葉通りであることはないはずです。

ディーラーで新車購入し、2年目にトランスミッションが不調になって修理を依頼したら、12ヶ月点検をしてないから保証による無償修理はできません、なんて突っぱねるディーラーがいるでしょうか?

そんなディーラーではもう誰も車を買わなくなるでしょう。

万が一のために(悪質なクレーマー予防のために)そういう規定を設けているだけです。

ちゃんと保証してくれます。

メリット・デメリット

わたし自身はこれまで法定12ヶ月点検を行ったことはなく、そのことで不利益を被ったことはありません。けれども、これはたまたま運が良かっただけかもしれません。

車にはリコールがありますし、リコールするほどではないものの車種によって不具合が出やすい箇所というものがあるので、ディーラーなどで12ヶ月点検を行うことにはそれなりに意味があると思います。

今の車はめったに故障しませんが、それは、12ヶ月点検を含めた定期点検の際にしっかり不具合箇所あるいは不具合が発生しそうな箇所をメンテナンスしているからでもあります。

やらないよりやったほうがいいのは明らかです。

ただし、お金がかかりますから、それとの兼ね合いでお考え下さい。

費用

法定12ヶ月点検は、ディーラー・修理工場・ガソリンスタンド・カー用品店などに依頼できます。

費用は8,000円~25,000円と幅があります。

なお、上記金額は点検費用のみの金額です。

もしも交換すべき部品などがあったら、別途工賃や部品代がかかります。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。