【プチ調査】キーパーコーティングは「最悪」なのか?本当の評判

クリスタルキーパー・ダメ・デメリット・失敗




【プチ調査】キーパーコーティングは「最悪」なのか?本当の評判

ガソリンスタンドを中心に日本全国6,000店舗以上を展開するキーパーコーティングですが、いまではカーコーティングの代名詞と言えるほど存在感を高めており、ユーザーの評価はかなり高めです。

この記事を書いているのは2021年12月20日ですが、みんカラの評価では、

  • 4.6 (5点満点で)

という高評価です。

ただし、どんな商品にも当てはまることですが、大多数の人が満足する商品であっても、一部には不満を持つユーザーが存在することは避けられず、キーパーコーティングに関しても、

  • これは酷い。最悪だ。

と不満を口にする人がいることも事実です。

そこで、キーパーコーティングを「最悪」とこき下ろすユーザーさんは、いったいキーパーの何に不満を持っているのか、どんなひどい目にあった結果「最悪」という言葉を使っているのか、プチ調査してみました。

「最悪」と評価するケースに見られる2つの原因

キーパーコーティングを「最悪」と評価するユーザーは、主に2つのケースに分けられるようです。

  1. 塗装面の荒れた古い車にキーパーコーティングを施工したケース
  2. ガソリンスタンドのスタッフの技術が極端に低かったケース

この①と②を順次解説させていただきます。

①塗装面の荒れた車にキーパーコーティングで「最悪」:下地処理をしないのが原因

まず①の「塗装面の荒れた」車にキーパーコーティングを施工したケースですが、このケースは不満が出るべくして出たと言っていいケースです。

これはキーパーコーティングの特徴・特性によるものです。

キーパーコーティングは、ガソリンスタンドで洗車した際に、「プラス10分でポリマーコーティングができますよ」という触れ込みで人気が広まった、今でも商品ラインナップにあるピュアキーパーが出発点でした。

とても手軽に艶のあるピカピカの仕上がりが手に入るということで、ピュアキーパーは人気商品に育っていきました。

この流れを受けて、現在の主流であるクリスタルキーパーやダイヤモンドキーパーやWダイヤモンドキーパーといったガラスコーティングが開発され、ここ数年で一気に全国展開するようになったのです。

実際、クリスタルキーパーを展開するキーパー技研株式会社が東証1部に上場したのは2016年です。

キーパー技研は愛知県大府市に本社があり、2021年10月の数字になりますが、より技術力の高いキーパーラボが88店舗(直営店)と11店舗(フランチャイズ)、そして、私たちにおなじみのガソリンスタンドが運営しているキーパープロショップが日本全国に6,100店舗あります。

より技術力の高いキーパーラボではコーティング剤を塗布する前の下地処理(ポリッシャー、コンパウンド、バフなどによる研磨や鏡面仕上など)なども作業工程に含めることが有りますが、ガソリンスタンドを中心にしたキーパープロショップでは、原則としてコーティング剤の<塗り>のみです。

下地処理を省略しているのです。

下地処理を省略するので、それが値段にも反映して、一般的なガラスコーティングの値段に比べてかなりリーズナブルな金額になっています。

確かに、新車でまだボディー表面が傷んでいない車両であれば、手の込んだ研磨あるいは鏡面仕上などを行わなくても、コーティング剤を塗り込むだけで、艶々した美しいボディの光沢が手に入ると思います。

あるいは、新車から数年経過した車であっても、その間、他のカーコーティングを施工していてボディー表面が守られてきた車両であれば、やはり、下地処理を省略してコーティング剤を塗り込むだけの作業であっても、美しい光沢が得られるケースがほとんどでしょう。

けれども、たとえば中古で購入したR32GT-Rで、ボディー表面に小傷が目立ったり凹凸があったり塗装が荒れていたりしている車両の場合、下地処理を省略してコーティング剤を塗るだけの作業なら、これは結果が「最悪」になることは目に見えています。

キーパーコーティングの場合、原則として下地処理を行いませんが、こうした塗装面が荒れた車両などのケースでは、あらかじめ話し合いをしたうえで、ボディーの程度に応じて「軽研磨(Sサイズ9,300円)」または「鏡面研磨(Sサイズ45,300円)」などのオプション工程を行った上でコーティング剤の塗りをするやり方もあります。

しかし、キーパーコーティングで行う研磨では、街のいわゆる「磨き屋さん」とは異なり、コンパウンドやバフの工程も簡略化されているので、「磨き屋さん」の本格的な研磨と同等とまではいかないようです。

その結果、塗装面の荒れた車両の仕上がり結果は、当然「最悪」という厳しい評価を下されることになります。⇒⇒そもそも中古で購入したR32GT-Rのオーナーさんは、最初から街の「磨き屋さん」(一般的なカーコーティング屋さん)に施工依頼すべきです。15万円前後はするでしょうが、下地処理からしっかり行いますので、目の醒めるような均一で深い艶が得られますよ。

②ガソリンスタンドのスタッフの技術が未熟で「最悪」:店舗でバラつきがある

キーパー技研では、全国のガソリンスタンドのスタッフさんが均質的な技術力を身につけるように、技術コンテストを毎年開催しています。

こうした努力もあって、年々スタッフさんの技術力の差は埋まってきているようですが、それでも、人によって塗りむらがあったり、筋が入ってしまったり、明らかに汚れ(洗車で取れる程度の汚れ)があるのにその上にコーティング剤を塗りこんでしまったり、そういった未熟であり雑であるような作業が一部で行われていることも事実です。

こうなると、いくら新車でボディー表面に傷みがない車両であっても、結果的に「最悪」という評価が下されることもあるわけです。

ですから、ユーザーとしては、同じ「キーパーコーティング」の看板がついたガソリンスタンドであっても、実際には技術力に差があることを頭に入れておいたほうがいいと思います。

また、洗車のためのブースがしっかり備わっているかどうかも、施工店を選ぶ際に重要です

ガソリンスタンドには機械洗車のブースとは別に、スタッフによる手洗い洗車のブースが備わっているところとそうでないところがあります。

街の「磨き屋さん」のような、屋根付きでドアもあって外からのホコリ等を遮断する設備を望むのは無理だとしても、専用に洗車ブースがあって、そこで集中して作業できる空間があるのとないのとでは、結果に差ができるであろうことは容易に想像がつきます。

キーパーコーティングは、一般的なガラスコーティングに比べて割安な料金ですが、それでも数万円のお金を支払うのですから、事前にチェックすることで、後で「ここは最悪だ」などと言わなくて済むことになると思います。

キーパーコーティングの商品

キーパーコーティングはすべてガラスコーティングです。具体的な商品名は以下の通りです。

  • クリスタルキーパー:16,600円~31,300円※価格はサイズで異なります
  • ダイヤモンドキーパー:47,500円~86,400円※価格はサイズで異なります
  • Wダイヤモンドキーパー:68,800円~125,100円※価格はサイズで異なります
  • EXキーパー:108,100円~166,300円※価格はサイズで異なります

上記ガラスコーティングとは別に、キーパーコーティングが最初に手掛けた商品であるピュアキーパー(ポリマーコーティング)は今でもあり、料金は6,700円です。

【プチ調査】クリスタルキーパーはダメ?デメリットは?失敗例は?

2021.12.18

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!