車のメッキはダサい?メッキモールやメッキグリルは下品?

車・メッキ・メッキモール・ダサい
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

車のメッキはダサい?メッキモールやメッキグリルは下品?

シルバーにキラキラ光るメッキをあしらった車は、メッキの量の多い少ないを問わなければ、世の中にかなりの数流通しています。

そもそも昔の車のバンパーは前も後ろもメッキでした。フロントグリルもメッキ、ヘッドライトの枠もメッキ、車を取り巻くモールもメッキでした。

最新の車にもメッキは多用されています。これ見よがしにフロントグリルいっぱいにメッキを敷き詰めたような車もあれば、さりげなく1本のラインだけメッキを使用している控えめなデザインもあります。

ドアミラーがメッキ、ドアノブもメッキという車もありますし、オーバーフェンダーをメッキにしたりピラー部分(Aピラー、Bピラー、Cピラーなど)をメッキにしている車もけっこうあります。

また、後付けのカスタムパーツとしてドアの外周に沿って貼り付けるメッキモールなども出回っています。

ホイールをメッキでテカテカさせている車などもはや街の風景の一部です。

車のデザインに関する口コミでは、実はメッキについての意見が数多くあって、そのほとんどが悪口です。

ああ、ダサいダサい。下品の極み。

なんて安っぽい。恥ずかしげもなくどうしてあんなものをくっつけるの?

こうした意見がほぼすべてです。ほぼすべて。マイナス評価の嵐といったところです。

でも、本当にそうなのでしょうか?

わたしはけっこうメッキが好きです。

自分は決して乗らないけれど、でも好きな車というのが誰にでもあるもので、私の場合、メッキを多用した車がまさにそれです。

特に、これ見よがしに車のあちこちにたっぷりメッキを満載した車を見かけると、まるで、

「ガ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ・・・・」

と腹の底から笑いながら走っているようで、とても面白いと思います。

たぶん、面積が大事なのでしょう。メッキの面積がある一定の割合を超えると、その車は「ガハハ」車になって、ダサいとか安っぽいとか下品だとか、そういった評価を超越してしまうのではないか、と。

その一方で、フロントグリルの一部に中途半端な面積でメッキをあしらう車を見ると、確かに大方の評価のように、ダサい、安っぽい、下品だという言葉が浮かんできます。

だから、やはり面積だと思います。

ホイール、フロントグリル、モール、フェンダー、ドアモール、ピラー、リアガーニッシュ、ドアミラー、ドアノブなどなど、ありとあらゆる場所にメッキを使いまくり、審美眼のバランスを一気に跳び越えてしまうと、「いや、参りました」と見る者を降参させてしまう領域に入るのでしょう。

そうなると、もう下品でも安っぽくもなくなって、ダサさの向こう側に突入してしまうのです。

確かにある程度のお金はかかりますが、メッキ車って面白いと思います。

下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

⇒⇒車のアウトドアステッカーがダサいという話

⇒⇒希望ナンバーでダサいナンバーが多い理由は?

⇒⇒車の赤シートはダサい?興味あるけど周囲の眼が気になる

⇒⇒DADギャルソンの車はダサい?あのステッカーはどうなの?

⇒⇒軽自動車の白ナンバーはダサい、貧乏くさい、見栄っ張り?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。