【2分解説】車|電動サイドミラーが動かないと車検は不合格ですか?

車・サイドミラー・動かない・車検




電子車検証(車検証の電子化)とは?簡単にわかりやすく解説!

2023.01.26

車|電動サイドミラーが動かないと車検は不合格ですか?

車の電動サイドミラー(電動ドアミラー)のモーターが故障して電動で格納しなくなってしまうことがあります。手動では格納できるのですが電動では作動しません。

この場合、車検の保安基準をクリアーできるかどうかが心配ですが、結論を言うと、大丈夫です。車検は通ります。

たとえ電動でサイドミラーが格納できなくても、手動で動くのであれば問題なく車検は通ります。

サイドミラーが動くかどうかは、たとえば歩行者などと接触した際に歩行者に負荷をかけないために重要な要素となります。もしも固定していて動かないと、歩行者は大けがをする可能性がありますが、サイドミラーが動けば小さなケガで済む可能性が高まります。

したがって、サイドミラーの車検基準としては、動くか動かないかが問題であり、電動装置が故障しているかどうかは不問ということです。

サイドミラーの車検基準

サイドミラー(ドアミラーやフェンダーミラー)の車検基準について改めて確認しておきたいと思います。

<道路運送車両の保安基準第44条>

  • 走行中の振動でミラーがぶれて視認できないとNG。しっかり固定されていることが必要。
  • ミラー部分の方向の調節が簡単にでき、一度調節したらその角度がしっかり保持できること
  • 歩行者と接触した場合に衝突の衝撃が緩和できる構造であること。つまり、ミラーの付け根部分が可動状態にあること。※電動モーターが故障していても動けば問題ない
  • ミラー部分に著しいひずみや曇り、ひび割れがないこと。
  • 運転席からミラーを覗いた際に後方50メートルまで見えること。

上記以外にも、サイドミラーに方向指示器が組み込まれているタイプの場合、方向指示器のカバーが欠けていて中の電球がむき出しになっていると車検はNGです。カバーに小さなひびが入っている程度なら合格ですが、カバーをテープなどで補修してある場合は不合格になる可能性が高いと思います。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。