ハブボルト(クリップボルト)の交換費用・工賃|折れるので締めすぎ注意!

ハブボルト・クリップボルト・折れ・交換費用
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

ハブボルト(クリップボルト)とは

車のボディー側とホイールを固定するためのボルト、これがハブボルトまたはクリップボルトです。

タイヤ交換する際に、ナットを外してタイヤごと引き抜くと、ブレーキディスク(ディスクブレーキの場合)の内側に円柱があって、その円柱から4本または5本のボルトが突き出ています。これがハブボルト(クリップボルト)です。

ハブボルト(クリップボルト)の規格は、トヨタ、ホンダ、マツダ、三菱、スズキなど自動車メーカーによって異なります。

たとえばアマゾンで「ハブボルト トヨタ」で検索するとトヨタ規格のものが、「ハブボルト ホンダ」で検索するとホンダ規格のものが、それぞれヒットします。

ただし、ねじ山ピッチ、ねじ山数などはメーカにより異なっていても、ハブボルト径はほとんどのメーカーがM12の規格です。

軽自動車はM10の規格が多いです。

なお、ハブボルト(クリップボルト)の本数も、4本の車もあれば5本の車もあります。

折れの原因

ハブボルト(クリップボルト)を交換しなければならない原因では、折れがもっとも頻発するケースです。

折れの原因は以下の通りです。

  • ナットの締めすぎ
  • 経年劣化(主に錆による腐食)
  • タイヤ交換時にボディとホイール間にゴミやホコリが挟まり、ボルトに負荷がかかる

要注意は、ナットの締めすぎです。

ナットは緩ければ緩いで危険ですが、強く締めすぎるとボルトやナットに高負荷となり、折れの原因になります。

実際、タイヤ交換の際に車体側から突き出たハブボルトを見ると、ハードな走行にたった4本(あるいは5本)のこんな棒っ切れが支えているのかと思うと、恐ろしい気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

交換費用

ハブボルト(クリップボルト)は、アマゾンや楽天などで簡単に入手できます。

8本セットで2,000円前後が相場です。

ハブボルト(クリップボルト)が折れたりねじ山がなくなったりした場合、まずそれを取り外すのにプロの工具が必要になり、また新しいボルトを入れるのにも「圧入」するので、DIYでは難易度が高いと思います。

ディーラーやカー用品店に交換を依頼した場合、簡単にできるものなら1本あたり5,000円前後、手のかかるやっかいな交換になると1本あたり30,000円~40,000円というケースも出てきます(いずれも部品代と工賃の総額)。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。