【3分説明】ハブボルト(クリップボルト)の交換費用・工賃|折れるので締めすぎ注意!

ハブボルト・クリップボルト・折れ・交換費用




ハブボルト(クリップボルト)とは

車のボディー側とホイールを固定するためのボルト、これがハブボルトまたはクリップボルトです。

タイヤ交換する際に、ナットを外してタイヤごと引き抜くと、ブレーキディスク(ディスクブレーキの場合)の内側に円柱があって、その円柱から4本または5本のボルトが突き出ています。これがハブボルト(クリップボルト)です。

ハブボルト(クリップボルト)の規格は、トヨタ、ホンダ、マツダ、三菱、スズキなど自動車メーカーによって異なります。

たとえばアマゾンで「ハブボルト トヨタ」で検索するとトヨタ規格のものが、「ハブボルト ホンダ」で検索するとホンダ規格のものが、それぞれヒットします。

ただし、ねじ山ピッチ、ねじ山数などはメーカにより異なっていても、ハブボルト径はほとんどのメーカーがM12の規格です。

軽自動車はM10の規格が多いです。

なお、ハブボルト(クリップボルト)の本数も、4本の車もあれば5本の車もあります。

折れの原因

ハブボルト(クリップボルト)を交換しなければならない原因では、折れがもっとも頻発するケースです。

折れの原因は以下の通りです。

  • ナットの締めすぎ
  • 経年劣化(主に錆による腐食)
  • タイヤ交換時にボディとホイール間にゴミやホコリが挟まり、ボルトに負荷がかかる

要注意は、ナットの締めすぎです。

ナットは緩ければ緩いで危険ですが、強く締めすぎるとボルトやナットに高負荷となり、折れの原因になります。

実際、タイヤ交換の際に車体側から突き出たハブボルトを見ると、ハードな走行にたった4本(あるいは5本)のこんな棒っ切れが支えているのかと思うと、恐ろしい気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

交換費用

ハブボルト(クリップボルト)は、アマゾンや楽天などで簡単に入手できます。

8本セットで2,000円前後が相場です。

ハブボルト(クリップボルト)が折れたりねじ山がなくなったりした場合、まずそれを取り外すのにプロの工具が必要になり、また新しいボルトを入れるのにも「圧入」するので、DIYでは難易度が高いと思います。

ディーラーやカー用品店に交換を依頼した場合、簡単にできるものなら1本あたり5,000円前後、手のかかるやっかいな交換になると1本あたり30,000円~40,000円というケースも出てきます(いずれも部品代と工賃の総額)。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。