車が左右に揺れるのですが原因は何でしょうか?

車・左右に揺れる
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

車が左右に揺れるのですが原因は何でしょうか?

走行中に車が左右に揺れる、ハンドルが取られる、轍や段差で左右に流れる、ボディーが左右に揺さぶられる・・・などなどどちらか一方にではなく左や右に車がフラフラすることがあります。

こうした症状には様々な原因が考えられますが、可能性の高いものを以下に列挙してみます。参考になさってください。

  1. ホイールバランスが取られていない:タイヤ交換した時にタイヤのホイール部分に釣り具のオモリみたいなものを貼り付けたりしますが、これはホイールバランスをとるためです。ホイールにタイヤをはめた状態でタイヤ全体が滑らかに円を描いて回転するように重量バランスをとるわけです。このホイールバランスがちゃんと取られていないと走行中に左右にフラフラ揺れることがあります。
  2. 4輪アライメントが狂っている:タイヤ交換したり足回りのパーツを交換したりするときは、必ず4輪アライメント調整をします。アライメントとはタイヤとボディの取り付け角度を最適化することです。つまり、トー角・キャンバー角・キャスター角を適切に調整する作業です。この作業がしっかりなされていないと走行中に車が左右に揺れる現象が発生します。
  3. シミー現象が発生している:シミー現象とは走行中にタイヤやハンドルが揺れたり震えたりする現象です。原因は上記ホイールバランスが取れていないケースとか、タイヤが過度に摩耗していて路面とのグリップがしっかりとれない状態にあるケースなどが考えられます。
  4. タイヤの空気圧がばらばらである:前輪の左右、後輪の左右がそれぞれ指定空気圧通りに調整されていれば問題ありませんが、4輪がてんでばらばらの空気圧になっていると車が左右に揺れる現象が発生します。
  5. 扁平率が低く幅広のタイヤに交換した:要するにペタンコの超扁平タイヤに交換すると、路面のちょっとした轍や段差にいちいち反応して車が左右に取られます。これは故障ではないので慣れるしかないと思います。
  6. サスペンションの劣化:ショックアブソーバーやスプリング、これらのマウントブッシュなどが劣化してくると、路面のうねりなどを乗り越えるたびに車が左右に揺れることがあります。
  7. ハブリングが付いていない:純正ホイールの場合はセンターホイールとセンターハブの間には隙間がないように設計されているのでハブリングは不要です。いっぽうで社外品のホイールに交換した場合、どのメーカーのどの車種にも取り付けできるようにハブの径を大きめにしてあります。だから隙間を埋めるために必ず適切なハブリングを取り付ける必要があり、これが付いていないと走行中に車が左右に揺れます。

車が左右に揺れる現象に関しては、他にも原因があるかもしれません。実際のところ、こうした現象の原因を特定するのは私たち一般のドライバーには困難です。

ディーラーや修理工場でプロの診断を受けるのが最も安全安心だと思います。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。