カーボンボンネット・カーボンドアは車検に対応するのか?

カーボンボンネット・車検・対応

運動性能向上・燃費性能向上を追求するために重量の軽い素材を採用することはよくあることですが、たとえばボンネットをカーボンボンネットにした場合、あるいはドアをカーボンドアにした場合など、車検時の保安基準に適合するのでしょうか?

カーボンボンネットは車検OK

形状が保安基準に適合している限り、カーボンボンネットは車検に通ります。問題ありません。

ただし、カーボンボンネットは軽量なので走行中に風圧でパカッと開いてしまう場合があり、それでは危険なので、ボンネットピン(ボンピン)で固定するのが普通です。

その際に、ボンネットピン(ボンピン)は突起物であるので、突起物に関する車検の基準をクリアーしなければなりません。

ボンネットピン(ボンピン)の車検基準については下記の記事をご覧ください。

ボンネットピン(ボンピン)は車検に通る?突起物の基準・年式

2019.12.14

カーボンドアは車検NG

ボンネットと違いドアは側面衝突の際に乗員を守る強度が要求されるパーツです。

カーボン素材は性能が向上していて強度もしっかりあるのですが、しかし鉄やアルミに比べるとまだ乗員保護という点で劣る部分があります。

したがって、クローズドレースなどでは問題ありませんが、公道を走る車に関してはカーボンドアはNGです。

つまり、車検の適合基準に合格しません。車検NGです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。