【2021最新】カーボンボンネット・カーボンドアは車検に対応するのか?

カーボンボンネット・車検・対応




運動性能向上・燃費性能向上を追求するために重量の軽い素材を採用することはよくあることですが、たとえばボンネットをカーボンボンネットにした場合、あるいはドアをカーボンドアにした場合など、車検時の保安基準に適合するのでしょうか?

カーボンボンネットは車検OK

形状が保安基準に適合している限り、カーボンボンネットは車検に通ります。問題ありません。

ただし、カーボンボンネットは軽量なので走行中に風圧でパカッと開いてしまう場合があり、それでは危険なので、ボンネットピン(ボンピン)で固定するのが普通です。

その際に、ボンネットピン(ボンピン)は突起物であるので、突起物に関する車検の基準をクリアーしなければなりません。

ボンネットピン(ボンピン)の車検基準については下記の記事をご覧ください。

【2021最新】ボンネットピン(ボンピン)は車検に通る?突起物の基準・年式

2019.12.14

カーボンドアは車検NG

ボンネットと違いドアは側面衝突の際に乗員を守る強度が要求されるパーツです。

カーボン素材は性能が向上していて強度もしっかりあるのですが、しかし鉄やアルミに比べるとまだ乗員保護という点で劣る部分があります。

したがって、クローズドレースなどでは問題ありませんが、公道を走る車に関してはカーボンドアはNGです。

つまり、車検の適合基準に合格しません。車検NGです。

下記の記事も参考になさってください。

デイライト 車検基準|色・形・明るさ・スモール連動・位置

車検でバッテリーの点検|交換時期なら費用は?

車検証のQRコードの内容:読み取りアプリ・国土交通省の仕様

ストラットタワーバー|車検は?|メリット・デメリット|効果・工賃

構造変更は車検直前がベスト|費用・必要書類・取り直しになったら?

車検証の「改」は改造車のこと?デメリットは?保険は?

カーボンボンネット・カーボンドアは車検に対応するのか?

ボンネットピン(ボンピン)は車検に通る?突起物の基準・年式

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。