車のエンジンがかからない|PSマーク(警告灯)が点灯しているが・・・

車のエンジンがかからない|PSマーク(警告灯)が点灯しているが・・・

車の警告灯には、全メーカーに共通したマークと、一部メーカーのみが採用しているマークがあります。

このページのテーマであるPSマークの警告灯は、トヨタなどの一部メーカーのみが採用している警告灯です。

「PS」または「P/S」または「EPS(※)」の表示で、このマークの意味は、

パワーステアリング警告灯

です。

(※)EPSはElectric Power Steering Systemsの略

ハンドルの操舵力をアシストするパワステに異常がある場合に点灯するマークです。

パワステには電動式と油圧式がありますが、このPSマークは電動式の車についているケースが多いです。

このPSマークが点灯したまま消えずにいる場合、下記のような原因が考えられます。

  1. パワーステアリング装置をコントロールしているコンピュータ(制御ROM・舵角だかくセンサー)に不具合がある:交換には40,000円~60,000円ほどかかる
  2. パワーステアリング装置のモーターの不具合
  3. パワーステアリング装置の配線のいずれかに断線またはショート等の不具合
  4. バッテリーの電圧不足

PSマークが点灯してもエンジンがかかり車を走らせることができる場合もあれば、そもそもエンジンがかからない場合もあります。

エンジンがかからない場合は、ほぼ間違いなく④のバッテリーの容量不足が原因です。

PSマーク点灯でエンジンがかからない場合

PSマークが点灯し、エンジンもかからない、というケースでは、その原因はほとんどのケースでバッテリーの電圧不足です。

バッテリーが弱っている場合によく発生する現象で、確かに、なぜPSマークだけ点灯するのかという疑問はあります。しかし、こうしたケースでは、バッテリーを充電したり新品に交換すると、あっさり解決することがほとんどです。

電動パワーステアリングは非常に電力を消費する装置なので、バッテリーが弱ってくるとまずここを最初に直撃するということではないか、と私は解釈しているのですが、プロの意見はちょっとわかりません。

PSマーク点灯でもエンジンはかかり走行可能な場合

PSマークは点灯しっぱなしだけれど、エンジンはかかり、車を走らせることもできる、というケース。

この場合、ハンドルはアシスト力を失って、とんでもなく重くなるはずです。

ディーラーや整備工場が比較的近くにある場合は、重いハンドルのままゆっくり車を走らせて入庫することも可能でしょうが、長距離移動になる場合は、自己判断となります。

重いけれど何とか走れそうな場合は、そのままアシストなしで走行すればいいと思います。しかし、危険を感じるほど重い場合は、JAFか自動車保険のロードサービスを呼び、レッカー搬送してもらうべきでしょう。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いたきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。