【2021最新】車検|発煙筒は義務で必要|期限切れはNG?LED発煙筒は?値段は?

車検・発煙筒・LED発煙筒・火薬式




画像:Wikipedia

車に発煙筒を備え付けるのは義務であり車検でも検査対象です。

ただし、車に備え付けられていればOKであり、有効期限切れでも問題なく車検に通ります。

火薬式だけでなくLED式の発煙筒でも問題ありません。

なお、火薬式には有効期限がありますがLED式は電池交換で対応できるので有効期限はありません。

発煙筒の値段は、火薬式で400円台からありますし、LED式でも700円台から売られています(通販ショップで)。

車検の検査項目

多くの場合助手席の足元に備え付けられている発煙筒は、道路運送車両法で「非常信号用具」として車への搭載が義務付けられています。

車検の検査では、備え付けられているかどうかを確認するだけで、車内のいずれかに搭載されていれば車検は通ります。

有効期限切れでも車検は通る

車検の検査では、発煙筒が搭載されているかどうかを見るだけで、火薬式の有効期限切れは問題にしません。有効期限が切れていても車検は通ります。LED式発煙筒にはもともと有効期限がなく、搭載されてさえいれば問題なく車検は通ります。

発煙筒の値段

火薬式発煙筒には火薬の品質を保つために有効期限があり、LED式発煙筒は有効期限がないかわりに電池の寿命があります。

いずれにしても、期限切れや電池切れがあってはいざという時に役に立たない可能性があるので、日頃からチェックしておくべきです。

その際、新品を購入しようと思ったら、通販サイトなどで簡単に手に入ります。

値段は、

  • 火薬式発煙筒:400円台~
  • LED式発煙筒:700円台~

となっています(2020年2月現在の価格相場)。

下記の記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。