車検でタイミングベルトは点検項目?10万キロで交換?費用は?ウォーターポンプは?

車検・タイミングベルト・交換費用・10万キロ・点検項目・ウォーターポンプ

タイミングベルトは車検の点検項目には入っていません。

車検の検査官はエンジンがオイル漏れ等がなく問題なく作動しているかどうかは確認しますが、分解してタイミングベルトの様子を目視確認することはありません。

したがって、タイミングベルトの管理は車のユーザーがディーラー・整備工場などのアドバイスを参考に注意を払う必要があります。

一般的にタイミングベルトの交換時期は10万キロ走行前後と言われています。

また、タイミングベルトを交換する際は同時にウォーターポンプの交換も推奨されています。

なお、樹脂製のベルトではなく金属製のチェーンを使うタイミングチェーンを使用したエンジンの場合は、30万キロ前後が交換時期と言われており、実質的に無交換で済むケースが多いです。

タイミングベルトの役割

タイミングベルトはエンジンの重要なパーツです。

エンジンの点火・バルブの開閉は適切なタイミングで行う必要がありますが、そのためにはクランクシャフトやカムシャフトをジャストタイミングで作動させなければなりません。

このタイミングを最適化するためのパーツがタイミングベルトです。

一般的に樹脂製のベルトが使用されていますが、車種によっては金属のチェーンを使ったタイミングチェーンが採用され、耐久性が大幅に向上しています。

車検の点検項目ではない

車検の際の点検項目にタイミングベルトは入っていません。

車検では、エンジンからのオイル漏れがないか、始動し、加速し、停止し、といった作動状況を確認しますが、エンジンを分解してタイミングベルトの状態を確認することはありません。

交換時期は10万キロ前後

樹脂製のタイミングベルトの交換時期は10万キロ前後と言われていますが、これも車種によって幅があって、5万キロで交換を推奨している車種もあれば、15万キロで交換を推奨している車種もあります。

金属製のタイミングチェーンの交換時期は30万キロ前後と言われていて、多くのユーザーはそこまで乗りませんから、実質的に無交換でいいということになります。

とは言え、異音が発生したりして次のような症状が出たら交換も視野に入れなければなりません。

  • エンジンの始動が悪くなる
  • 燃費が目に見えて悪くなる
  • 加速性能が明らかに落ちる

交換費用と相場

タイミングベルトの交換費用は部品代・工賃込みで50,000円~100,000円が相場です。

タイミングベルトを交換するにはすぐ隣りにあるウォーターポンプも取り外しますから、一般的には、ウォーターポンプも同時に交換することが多いです。後日、ウォーターポンプだけ交換するとなると工賃だけで相当な出費になってしまいます。

タイミングベルトと同時にウォーターポンプを交換した場合の費用相場は10,000円~20,000円です。

自分の車がタイミングベルトかタイミングチェーンか見分ける方法

10万キロが交換時期とされるタイミングベルトか、それとも30万キロが交換時期とされるタイミングチェーンか、自分の車がどちらを採用しているかはユーザーにとって大きな問題です。

いずれであるかを見分けるには2つの方法があります。

  • ネット検索で「原動機型式 〇〇」を調べる:〇〇は車検証の「原動機の型式」に記載されています。
  • ボンネットの裏にあるステッカーで確認:自分でわからなくてもディーラーや整備工場に依頼すればわかります。というか、新車で購入したディーラーなら車検の際に教えてくれます

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。